引き寄せきれない!彼氏がほしくでも出会いに恵まれないワケ

出会いを引き寄せようとあらゆる手を尽くしているけれど、なかなかうまくいかない…。それはもしかしたら、自分で制限をかけてしまっている可能性も。心のブロックを外して、新しい恋を引き寄せませんか? 彼氏がほしいなら、きちんと心の準備を整えることが扉を開くきっかけに。 


家族や友だちとの時間だけで満たされている 

彼氏がほしくてもなかなか出会えないのは、潜在的な部分と関係しているかもしれません。 

家族や友だちとの予定だけで、いつもスケジュールはいっぱいの状態。 ただでさえ忙しいのに、また新しい恋を始めるのは正直言って大変だと思っていませんか? 心の奥深くでは面倒くさいと思っているのに出会いを引き寄せられるはずがありません。 

家族や友だちと過ごす予定も大切ですが、それぞれの存在にあまり偏りすぎないこと。あるいは偏っていても良いから、恋愛にも時間を割いて交流を楽しんでいるうちに運命的な出会いを果たす可能性はあります。 

 

行動範囲を自分で狭めている 

 

出会いがないと嘆いているそこのあなた、自宅と会社の往復だけで終わっていませんか? あるいは自宅が職場とイコールになっているなら、自ら人との接点をつくらなければ、ずっと今の状態が続く可能性も。 

ただし今はかつてのように社会の状況が違います。けれど、きちんと感染対策を徹底したうえでセミナーに参加したり、講座に参加したり、自分のできる範囲で行動すると、新たなご縁もいくつか舞い降りてきます。 

「あれ、今までと関わっている人のメンバーが違う」と感じはじめたら、それは次のステージへ進みはじめたサインかもしれません。 

 

今が一番楽しいと思ってしまっている 

正直、今が一番楽しいと思っていませんか? おひとりさまでたしかに寂しいから彼氏がほしいと思っていることには変わりないけれど、実はひとり時間が一番好き。ひとりでいることは自由が最大限広がっている状態でもあります。 

とくにひとり暮らしの場合、どんなペースでどう過ごそうとも自由。寝たくなったらいくらでも早めに寝られるし、お風呂も好きなタイミングで入れるし、どこで過ごそうととにかく自由!  

そんな状態から抜け出すのもなんだか惜しいと思っていると、出会いがこないのは当たり前です。 

 

過去の恋で人を信じづらくなっている 

過去の恋愛で傷ついてしまっているなら、そろそろ前に進む準備を始めます。たぶん人生の中で一番好きだった人と別れてしまった。結婚前提で交際期間も長かったとなると、そこから抜け出すのは、なかなか苦しいこと。 

しかも残酷なことに、相手はあっという間に別の人と結婚して自分の家庭があるなんてケースもでてきます。過去の恋で人を信じづらくなっているからこそ、出会いがほしいとは思えていないのかもしれません。 

おそらく大切な人との日々は一生記憶に残ります。それこそ結婚まで考えていた人を簡単には忘れられません。忘れる必要はありませんが、立ち止まっていては時間がもったいないのです。 

 

新しい恋でまた傷つくことはあっても、恋人との関係を築く一連の流れはすべて人生経験を積んでいるのと同じ。恐れずに次のステップに向けて準備を始めましょう。 彼氏がほしくても出会えない原因は、きっと自分自身にあります。なぜ現状をつくりだしているのか、自分ともよく向き合ってみてください。次に進むための鍵は他の誰でもない自分が手にしています。少しずつ気持ちを整理しながら、新しい出会いを引き寄せましょう♡


構成・文/山口 恵理香