これってもしかして?両思いが近づいているときのサイン

好きな人と出会って、今は友だちのような恋人のような…。両思いが近づいているときには、きっと彼からもサインがでているはず。両思いまであともう一歩。サインに気づいて、自分からも行動に移しましょう。 


デートの頻度が高まっている 

最初はなんとなくLINEをやりとりしていただけだったはずなのに、いつの間にか頻繁に会う関係に。 

解散するときも彼の方から「次はどうする?」と提案があるなら、かなり脈アリ、両思いの状態に近いでしょう。もしかしたら告白されるまでそう遠くはないかもしれません。 

あきらかにデートの頻度が高まっているなら、そろそろ覚悟しておいた方がよさそうです。会いたい気持ちが今はお互いに高まっている状態。このチャンスを逃さないように、自分からも脈アリサインをだしておくことをおすすめします。 

 

先約があったら別日で調整してくれる 

「この日空いている?」と提案したときに彼からは「その日は用事があって」と断られてしまった…でも諦める必要はありません! すぐに彼が「その日は無理なんだけど、〇日と〇日なら空いているよ」と別日で調整してくれるなら、すでにお互いに両思いの状態と判断して良いはず。 

彼も会いたい気持ちは同じです。できれば今すぐにでも会いたいけれど、仕事もあるし、友人との約束もあるし、そういうわけにはいきません。ただ彼女とのご縁を逃したくないので、きちんとフォローしてくれます。 

 

LINE上でも常に優しい、気を遣ってくれる 

お互いに両思いなら、既読、未読スルーはほとんどないかもしれません。仮に起きたとしても何か特別な事情があったから。決してフェードアウトしようとは思っていません。 

むしろ彼は彼女になってほしくて、きっと女性側に対して必死にアプローチしています。LINE上でも悩みを聞いてくれたり「ちょっと仕事がつらいな」と愚痴をこぼしても「がんばれ」とは言わずに「無理するな」と気を遣ってくれたり…。 

ここまでの段階にきたら、周りから言われなくても本人同士が両思いであることに気づいているはずです。 

 

異性の話をすると彼が少しすねる傾向がある 

お互いに両思いの段階で、たまたま異性の話をしたときに彼のテンションが少し下がるなら、それはもう彼としては嫉妬している証拠です。でも今は付き合っていない状態だから「なんで今その話をするの?」とも言えません。 

わざわざ試すように男友達の話をする必要はありませんが、とくに意図もなくたまたま話したときに彼の様子がおかしいなら、必死に感情をごまかしているのでしょう。 

彼がそれだけピュアな状態になっているのは、目の前の女性が自分にとってはもう大切な存在になっているからです。 

 

 

「これってもしかして?」と薄々気づいているなら、あとは時間の問題。とくに焦る必要はなく、自然な流れで告白されるのでもう少しお待ちください♡ 両思いとわかっていて、なかなか事態が発展しなくても焦らずに気長に運命の瞬間を待ちましょう!


構成・文/山口 恵理香