これってフェードアウト?脈ナシLINEの見分け方 

LINEで駆け引きするって実はものすごく大変。お互いに気になっているのはたぶん間違いないはずなのに、ときどき返信が途絶える…。LINEから彼の気持ちがわかるかもしれません。何かしらのサインがでているなら早めにキャッチすることが次のアクションにつながります。 


会話のキャッチボールが成立しない 

彼とLINEの連絡先を交換できただけでは残念ながら脈アリとは断定できません。もし一生懸命メッセージを送っても、そもそも会話が成立しないなら、それが彼の気持ちのすべてです。 

あくまでも友だちの1人して連絡先を交換しただけで、2人で食事に行きたいとか、ましてや付き合いたいとは思っていない可能性が高いです。 

逆の立場に立ったとき、相手のことが好きなら会話は成立するはずなんです。せっかくすぐに返信しても次に連絡がくるのは1週間後。そんな日々が続いているなら早めのフェードアウトを進めます。 

 

既読スルーされる頻度が高い 


既読スルーや未読スルーされる頻度があまりにも高いなら、これもまた脈ナシと断定できるでしょう。彼としてはすでにやりとりすることさえ、心の中では面倒くさいと思っている可能性が濃厚です。 

既読スルーを解除しようと再びこちらから送ったとしますね。それでも既読スルーや未読スルーが続くなら、もうこれ以上、貴重な時間をかけて彼を追いかける必要はありません。 

彼からしてみると告白もされていないから、わざわざLINEで「ごめんね、付き合えない」と伝える必要はないと思っています。その結果、既読スルーや未読スルーを連発することによって要は自分にはそういうつもりがないことを女性側に諭しているのです。 

 

久しぶりにお茶したいねと伝えても
具体的な日程は決まらない
 


「久しぶりに会いたいね!」と伝えたとき彼からも「会おうよ!」と返事がくると舞い上がってしまいますが、よく考えてみると、いつまで経っても具体的な日程は決まらない…。 

残念ながらこのケースもほぼ脈がないといっていいでしょう。女性側からしてみると「だったらはっきり断ってほしい」というのが本音ですが、彼なりに傷つけたくないと思っているのかもしれません。 

具体的な日程も決まらず、ただやりとりしているだけなら、彼はあくまでも付き合うつもりはなく単純にLINEで誰かとやりとりしていたい寂しがり屋さんなのかも。 

 

返信はこないのにSNSは更新されている 

彼からの返信は一向にこないのに、SNSはリアルタイムで更新されているなら、それが彼の結論なのでしょう。たとえLINEでは忙しいと言っていてもSNSを更新する時間があるなら、それほど忙しくはありません。 

ただお互いに付き合っているわけではないので、SNSやLINEの優先順位に対して文句を言う立場にもなく、脈ナシと判断して次の恋に進むしかありません。そもそもお互いに相思相愛なら、おそらく出会ってから付き合うまで大きな滞りは発生しません。 

返信がこない、既読スルーされてばかりと「障害」が起きているなら、お互いにとってソウルメイトはおそらく別の場所にいます。 

 

 

いつまでもLINEでやりとりしているほど恋する女子は暇ではありません。今の恋が脈アリなのか脈ナシなのか早めに判断することは大切です。 脈ナシとわかっていながら追いかけるのも時間の無駄! 自分なりに分析してあきらかに今の恋に可能性がないと判断できるなら、心の中で区切りをつけて、次の可能性へと進みましょう!


構成・文/山口 恵理香