【初日即完売お取り寄せスイーツ】パリのミシュラン一つ星レストラン監修の極上生トリュフショコラが再発売

ケーキ・スイーツ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」から4月25日に発売された、わずか5ヵ月でミシュラン一つ星を獲得した「ラルケスト」オーナーシェフ・伊藤良明氏監修の「極上生トリュフショコラ」。初回分はなんと即日完売で、いよいよ明日11時から再販売予定!

そんな話題のスイーツの試食会へmer編集部が行ってきました!


「極上生トリュフショコラ」の衝撃の美味しさをレポート!

今回はmer friendsの凛子さんと一緒に試食会へ行ってきました。チョコレートが大好きで、特に催事などでは各店のチョコを買い集めて楽しんでいるという凛子さんに、今回のトリュフショコラの味わいをレポートしてもらいます♡

 

「弾けるような食感と、のどごしに驚き!」

最大の特徴は通常のトリュフよりもとても柔らかく作られたガナッシュ。口に入れて軽く触れるだけで、パンっと弾けてとろとろのガナッシュが広がります。

「色々なチョコを食べてきたけど、今までのどれとも似つかない食感です! 濃厚なのにすっと溶けて、いい意味で後味すっきり」(凛子さん)。

 

「ギフトにもピッタリな高級感あるパッケージ」

パッケージはまるでハイブランドの小物のギフトボックスのような高級感あるデザイン。

「見た目の贅沢感もやっぱり大切。自分へだけではなく、友達へのギフトやバレンタインのプレゼントにも良さそう!」(凛子さん)。

 

「様々なドリンクとのペアリングも楽しみ」

このトリュフショコラは、元々「ラルケスト」でデザート後のコーヒー・紅茶を提供する際に一緒に出しているもの。食後のドリンクや食後酒ともマッチするよう、微量のアッサムティーを入れて軽やかな味わいに仕上げてあるそう。

「アッサムティーが入っているので紅茶とはもちろんマッチしそう! ミルクやお酒と一緒に楽しんでも、重たくなり過ぎないから合いそう!」(凛子さん)


極上生トリュフショコラ

価格:3500円(税込み)※送料別
初回販売分は即日完売、5月2日(月)11時から再販売予定

 

■お問合せ先:cake.jp

 

取材・文/清水優香子