目指せ玉の輿婚!? 出世しやすい男性の特徴

結婚するなら誰よりも素敵な相手をゲットしたい…。 玉の輿を目指したいけれど、いきなり出世する人はいません。長い時間をかけて誰もがキャリアアップを目指します。小さな芽がでている状態のときに見極めてチェックしておくことが、玉の輿婚への第一歩になるかも。 


職場で先輩からも後輩からも慕われている 

好きな人が職場で可愛がられているかどうかチェックするのは玉の輿を目指すうえではとても大切なことかもしれません。まず先輩とのコミュニケーションがとれていなければ、どんなに努力していても上へと引き上げてはくれません。 

媚びるのではなく自然な態度で打ち解け合える技術を持ち合わせているかどうかがポイントです。先輩だけではなく後輩からも慕われていると、さらに評価が上がるのは間違いなし! 

 

自分の話ばかりせず聞き上手

たとえ出世している人の中に自分のことしか話さない自分勝手な人がいたとしても、おそらくその人が何かの瞬間に困ったとき助けてはくれる人は少ないでしょう。どちらかというと自分の話より相手の話を引き出すのが上手な人が職場では重宝されるはず。 

仕事をしていれば、みんなつらいのは同じ。そんな状況の中でもいかに同じチームで働いている人の様子に気づけるかどうかが、出世の分かれ道になるでしょう。 

 

仕事外でもスキル習得のため勉強している 

出世する人はおそらく仕事に対して24時間エネルギーを注いでいます。帰宅してもさらにスキルを身につけようと資格勉強をしたり、将来どんな状況になっても生活が困らないように仕事とは関係のない技術についても学んだり。向上心があるからこそ毎日続けられることです。 

仕事関連の技術が上がれば、評価も上がり、出世コースにのれるのは間違いないでしょう。ただ仕事を解消するのではなく、勉強家であればあるほど玉の輿婚を目指せる相手かも。 

 

自分の仕事に誇りをもっている 

今の時点で出世していなくても将来的に出世する人は自分の仕事に対して誇りをもっています。地味な事務作業もいかに効率的に進めるか考え自分自身を鼓舞させながら働いているはずです。 

出世しにくい人は、どちらかといえばいつも不平不満を言っている印象を受けます。会社に対して不満があるのは仕方がないですが、今の環境で最善を尽くしていないにもかかわらずマイナスな発言を繰り返すのはあまり歓迎されません。 

自分の仕事に誇りをもちながらいつも自分自身を高めようと努力している人は出世コースにも選ばれやすいでしょう。 

 

 

玉の輿婚を目指すなら、努力家・勉強家の人を選ぶことがポイントです。現状維持を選んだ時点でおそらく出世コースからは外れやすくなるはず。すでに好きな人がいるなら、彼が仕事以外の時間をどう過ごしているのか聞いてみるのも一つの判断材料になりますよ♡


構成・文/山口 恵理香