片思いを実らせたい!男性が思わずドキッとする必殺フレーズ

片思いって最初は楽しいけれど、少しずつ不安が強くなりはじめて。最終的にはいつになったら両思いになれるのか分からなくなっては、ひとりで空回りの状態に…。そろそろ片思いから卒業できるように必殺フレーズをおさらいしておきましょう♡


「〇〇くんの前では素でいられる!」

片思いをしていて、さらには相手から少し脈アリサインがでている場合、一歩踏み込んだアプローチが必要になってきます。あなたは自分にとって特別ではないということを恥ずかしくても彼に伝えなくてはいけません。

ただストレートに感情表現をすると、それは告白している状態と変わらない状態になるため、ギリギリの境界線まで攻める必要があります。たとえば彼と一緒にいると自分らしくいられると思うなら「〇〇くんの前では素でいられる!」と伝えてみてください♡

きっと彼は一瞬の出来事だけどドキッとして、自分は彼女にとっては特別な存在なんだと気づきます。

 

〇〇くんってかっこいい

もしかしたら彼としてはコンプレックスに思っている部分をあえて褒めてあげるのも効果を発揮するかもしれません。本人はやたらと身長が高いことをコンプレックスに思っているなら、スタイルがいいって素敵だよねと優しく褒めてあげるだけで2人の距離は縮まるでしょう。

ただコンプレックスを褒める場合は、彼を傷つけないように言葉は選ぶことが相手への配慮になります。自分としてはコンプレックスに思っている部分が実はコンプレックスではなく他人からみたときに素敵な場所、もしくは長所になることを教えてあげてくださいね♡

 

〇〇くんが頑張っているから私も頑張れる

好きな人と同じ環境なら「〇〇くんが頑張っているから私も頑張れる」と伝えてあげると効果的かもしれません。実際に働いている、毎日学校に通っていれば嫌なことはたくさんあるし、どうして自分だけがこんな思いをしなければいけないのか涙が止まらない日もあるはず。

そんなとき彼の存在が自分にとって強い支えになっているなら、ぜひそのことを本人に伝えてあげましょう。「〇〇くんのおかげで頑張れているよ、いつもありがとう」と言ったら、彼はさすがにあなたの気持ちに気づくはずです。

 

〇〇くん今何しているのかなって気になっちゃった

好きな人とLINEでやりとりしているときに、あと一歩彼の領域に踏み込みたいと感じるときはありませんか? 今までよりも距離は縮まっているけれど、このままではなかなか進まないような気がすると思うなら「〇〇くん今何しているのかなって気になっちゃった」と、LINEを入れてみましょう。

「気になる」とはっきり伝えることで、あなたはもう私にとって大切な人なんですとさりげなく伝えていることになります。遠回しに、でもはっきりと「好きです」とは言わずに、少しずつ距離を縮めるために必要なフレーズです。

 

片思いを実らせたいなら積極的な行動が必要です♡ 「好きです」とは伝えずに遠回しにさりげなく、でも真正面からボールを投げることで、両思いの未来に辿り着けるなら、彼はそのボールを優しく受け取ってくれます。大胆なフレーズだから言葉にするのは恥ずかしいけれど、勇気を振り絞れば、なかなか変わらない現状を自分の力で一瞬にして変えられます♡


構成・文/山口 恵理香