次の恋に進むべき?彼からの”脈ナシLINE”の特徴

好きな人とようやく出会えても、大変なのは、ここからどうやって両思いになれるのかどうかです。一番大切なポイントは、日々のLINEでのやりとり。お互いの気持ちを確かめ合いながら、一歩ずつ前に進んでいかなければいけません。もしかしたら、すでに彼から脈ナシのサインがでているかも!? 


すぐにやりとりが途絶えてしまう

LINEは意外と脈アリなのか、脈ナシなのか、はっきりと結果がでます。やりとりをはじめたばかりの頃は彼も最初ですから頑張るでしょう。肝心なのは少し時間が経ってから彼の返信スピードやLINEでの態度がどのように変わるかが重要です。

一生懸命、話題を提供しても、彼からの返信がすぐになくなるなら、残念ながら脈ナシと判断できます。もしかしたら油断した瞬間に返信がくる可能性もありますが、彼としてはただ気まぐれに返信しているだけ。彼からの返信を待ちすぎて、目の前のやるべきことに集中できないなら、そろそろ白黒はっきりさせた方がいいかも。

 

悩みを相談してもありきたりな返信しかこない

好きな人とLINEしているときに、あえて悩みを彼に打ち明ける人も多いはず。悩みを打ち明けると、お互いに距離が縮まる感覚が少ししますよね。彼があきらかに迷惑がっている、あるいはまともに話を聞かないなら、彼としては脈ナシサインをだしているつもりなのでしょう。

もしお互いに両思いなら彼はすぐに「よかったら直接話を聞くよ」と言うか、もしくは「今すぐには会えないけれど電話やLINEなら話聞けるよ」と代替案を示すはず。そもそも悩みを聞こうとしないなら、それが彼の今の気持ちです。ここから進めるか、彼から卒業するのかは自分次第でもあります。

 

なかなか2人きりで会う流れにならない

毎日やりとりを続けていても、それだけでは脈アリとは断定できません。なぜなら彼としては単純に誰かとLINEをしていることで寂しさを紛らわしている可能性があるからです。

ひとりの女性としてみているというよりも友達の中のひとりと思われているなら、これ以上、距離を縮めようとしても結果には結びつかなくなってしまいます。毎日やりとりしていても「そろそろ会おうよ」と提案したときに別の話題に切り替えるなら、彼としては、おそらくデートはしない方針です。

最悪の場合、他に大本命がいて、彼女に相手にされないときに寂しさをカバーするために連絡してきている可能性も十分考えられます。

 

メッセージを送ってから既読になるまで時間がかかる

LINEには通常のメールとは違い「既読機能」があります。これが恋愛を発展させるうえではとても面倒くさい部分でもあります。一番面倒くさいパターンは、なかなか既読にならないときです。変な文章なんて送っていないはずなのに、既読がつかない…。でもなぜかSNSは更新している。こんなとき女子としては不安で仕方がないでしょう。

メッセージを送ってから既読になるまで時間がかかる場合も、どちらかといえば、脈ナシの可能性が高いです。ただし、なかには仕事が忙しくてなかなか返せなかった、個人的な事情があって落ち着いて返信するタイミングがなかったなど、例外もあるので気をつけてくださいね。

 

LINEで脈ナシの可能性が高いと判断できるなら、それ以上のアプローチはあまり効果がないかも…。好きな人と毎日やりとりしている中でモヤモヤが大きくなってきたときは、今の状況を冷静に分析すること。違和感を無視しないこと。もし「これは無理かもしれない」と思うなら潔く諦める勇気も、ときには必要です♡


構成・文/山口 恵理香