同棲したい!彼氏が一緒に住みたいと思える彼女の特徴

ずっと付き合っているし、そろそろ同棲がしたい…。でも自分から彼氏に対して「同棲したい!」って、なかなか言えないはず。空気で感じ取って欲しいとあれこれと模索するものの、肝心の彼氏は彼女の気持ちに気づかない状態が続いているのでは? 一番理想的な展開は、自分から動かなくても彼から同棲を提案されること。そのためには一体どんなポイントに気をつければいいのか、一緒に考えてみませんか?


家事や料理ができる

家事や料理=女性がすべきこと、ではありません。ただ一緒に暮らすなら相手に対して求めるだけではなく自分も基本的な家事スキルくらいはあった方が、お互いのためになります。一番良い形はお互いが協力しながら家事や料理をすることです。

もちろん話し合ったうえでどちらかが負担するのもありですが、同棲を望むなら家事や料理ができる状態にしておいた方が、彼氏も自然な流れで意識するでしょう。本格的なスキルを目指すというより、基本的なレベルができればきっと十分です。

 

自分で自分の機嫌をとれる

同じ屋根の下で他人同士が暮らすのは、なかなか大変なこと。同棲する前はあれだけ楽しみにしていたはずなのに実際にふたり暮らしがはじまるとイライラすることも多くて、なかには疲れてきちゃう女の子もいます。

今まで別々の環境で育ってきていますから、ときには分かり合えないこともたくさんでてきます。それでも怒りを上手にコントロールできたり、ご機嫌よくいられるように自分で工夫してみたり、相手にいつも求めるのではなく、自分自身で解決しようと試みる姿勢が同棲には必要なのかもしれません。

 

一緒にいて心から安心できる

自然な流れで彼氏から「そろそろ同棲しようか」と言われたいなら、彼にとって癒しの存在である必要があります。彼女のために仕事も頑張れるし、まっすぐ帰ってきたくなる雰囲気づくりも大切です。

たとえば仕事モードの彼に対して「私と仕事、どっちが大切なの?」と伝えているようでは、癒しにはなれていないかも。むしろ彼からしてみれば、どうして彼女と仕事を比較して選ばなければいけないのかが分かりません。

彼にとって仕事は自分を成長させてくれる重要な要素で、彼女と比較する対象ではないのです。彼のペースを乱さないように気を遣ってあげられるようになったら、同棲も考えてもらえるでしょう。

 

あまり結婚を押し付けてこない

大好きな彼だから、いつかは結婚したい。できれば今はゴールに向けて同棲の準備がしたいと思っていても、彼がどんな風に2人の関係について考えているか分かりません。彼にとって仕事が大事なら、あくまでも仕事が落ち着いたタイミングでしか将来に向けて準備できません。

なかには同棲をしたいからと、周りの友人たちが続々と結婚していること、子どもも生まれていることを彼に一生懸命伝えている人がいますが、彼はおそらく相当なプレッシャーを感じているはず。

同棲をしたい気持ちは理解できますが、あまりにも自分の気持ちを優先しすぎて、彼に対して結婚を押し付けないように気をつけましょう!

 

彼氏から「同棲したい」と提案して欲しいなら、まずは自分が自立すること。彼からみたときに自立していて、いざというときは頼れる存在にならなければいけません。結婚や出産はたしかに大切な目標。でもあまりにも先を見すぎて、今の状況を無視しすぎないように注意する必要があります。彼の気持ちを考えたうえで同棲できるように少しずつ話し合ってみてくださいね♡


構成・文/山口 恵理香