甘えん坊さんが多い!? 末っ子男子のトリセツ♡

末っ子男子と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? 甘えん坊、マイペース、のんびり…人によって印象は変わるはずですが、ママ・パパだけではなく、お姉ちゃんやお兄ちゃんたちにも守られながら育っている分、少し特徴的かも。末っ子男子ならではの傾向をとらえ対策を考えてみましょう♡


いつも優しく包んであげる

同じ末っ子男子でも兄弟構成によってトリセツが多少異なる可能性があります。たとえば上にお姉ちゃん2人がいる場合、ママと合わせてお母さんが3人いるようなものです。家庭環境や育て方によっても変わりますが、基本的に甘えん坊さんであることが予測できます。

もしこれから付き合おうとしている人がいるなら末っ子男子の彼には「どんどん引っ張って!」と求めるより、多少頼りなくても適度にスルーし、いざというときには自分がしっかりするくらいに思っておいたほうが良いかもしれません。

基本的に彼が今までそうだったように、いつも優しく包んであげること(お兄ちゃん、お姉ちゃんの代わりに)で2人の仲は安定するはずです。

 

ペースを乱しすぎないように気をつける

ひとりっ子男子もかなりのマイペースな(?)印象がありますが、末っ子男子も兄弟に甘えてきた分、もしかしたら人によってはペースを乱されることが嫌いと考える彼もいるかもしれません。

自分が行きたいと思ったらその場所に行きたいし、今これが食べたいと思ったらその通りに食べないと気が済まない、と主張する彼も場合によってはいるかも。末っ子男子とお付き合いするなら、ペースを乱しすぎないように気をつけましょう。彼に対して「頼りない!」と怒りすぎるのもやや危険です。

 

頼りないなら、自分がしっかりする

末っ子男子=頼りがいがない、とは断言できません。兄弟構成に限らず、育て方や家庭環境によってその人の性格はおそらく決まってきます。ただお兄ちゃんやお姉ちゃんに守られて育ってきた分、どうしても自分で開拓するというよりかは、誰かに守ってもらいたい気持ちがあるかも。末っ子男子の彼を見ていて、多少イライラしても、頼れないなら自分がしっかりすればいい、と割り切ることも今後は必要になってくるでしょう。

きっとこれから一緒に過ごしていくうちに彼は自分に甘えられて、なぜ自分は彼に甘えられないのか疑問に思う瞬間もでてきます。それでも相手が末っ子男子なら「仕方がない」と割り切るか、もしくはもうちょっと頼りになる彼を探し直したほうが良さそうです。

 

家族との結びつきが強くても否定しない

末っ子男子の場合、今までお兄ちゃんやお姉ちゃんに守られて育ってきた分、彼のタイプによっては家族との結びつきが普通以上に強く固いものになっている可能性があります。たとえば知り合いの女の子は昔、お姉ちゃん2人がいる末っ子男子と付き合っていましたが、週末に入るたびにお姉ちゃんたちやお母さんから電話が入っていて、デートをしていても家族からだとわかると彼はすぐに電話にでるような状況だったそうです。

これをマザコン、シスコンといえばそれまでですが、今まで家族仲良く過ごしてきたことはいくら彼女の立場とはいえ否定はできません。ただ将来について考えたときに彼の兄弟や母親と上手に付き合っていけるのかどうかまで考える必要はあります。あくまでも今の彼がいいなら、末っ子男子ならではの特徴も基本的には受け入れるしかありません。

 

末っ子男子だから、甘えん坊で扱いづらいと断定するのは早いかもしれません。兄弟との仲が良いほど、彼女としてどのように振る舞うべきか考える必要はどうしてもでてきます。彼がおさえてほしいポイントが一体どんなところなのか、日ごろの様子を観察しながら自分なりの彼マニュアルを考えてみてください♡


構成・文/山口 恵理香