本命にはなれないとわかっていても!? 男性が遊び相手にみせる行動

相手は本気ではないとわかっているはずなのに、彼から連絡がくるたびに追いかけてしまう…。友達と遊ぶはずだったのに彼から連絡がきて予定をドタキャン。友達には仕事を理由に断って、そんな身勝手な自分に落ち込んでいませんか? 遊び相手からなかなか本命になれないのは、紛れもなく自分自身が原因なのです。


自分都合で連絡してくる

彼から遊び相手だと思われている場合、自分都合でしか連絡してきません。あくまでも本命は別にいて、セフレは遊びの延長線上としか思っていないはず。

女性側としてはセフレとわかっていても彼を追いかける状態。きっと追いかければ追いかけるほど、彼は存在が重たいように感じてしまい、ますます彼女に昇格とは考えないでしょう。最初から遊びと思われていると気づいているなら、そろそろ卒業するタイミングです。

 

配慮がない

そもそも好意を寄せている女性に対し、遊び相手として接するなんて失礼ですよね。ただ彼としてはとくに悪気はなく、自分の欲望を満たすことを優先させているだけかもしれません。

彼が目の前の女性をセフレとしか思っていない場合、とにかくカラダが目的で、細かい部分に配慮がありません。極端な例でいえば、ホテルにも行かずに車の中で済ませるとか…。

女性に対して配慮がなさすぎるのは、いくら何でもひどい話です。あきらかに彼に振り回されているなら、もう未来のない恋に時間をかけるのは、やめましょう。

 

普通のデートはあまりしたがらない

彼からしてみれば、遊び相手とはカラダの関係であってそれ以上でもなければそれ以下でもありません。あくまでも彼女ではないという認識をもっているはずですから、いわゆる一般的なデートはあまりしたがりません。

というより、遊び相手と思っている女性と一緒にデートする意味も彼は理解していない可能性があります。女性側としてはたまにはカフェでおしゃべりしたいし、一緒に買い物もしたいと思うのに彼はあくまでも自分の方針を崩さないから腹が立ちますよね…。

 

自分たちの関係を他の人に言わないように指導が入る

浮気や不倫がメディアで報道されるようになってから、様々なかたちの不倫をみてきましたが、必ずといっていいほど遊び相手に対して自分たちの関係を一切他の人には言わないように男性側が指示していた、というエピソードをよく聞くようになりました。

彼らの言い分としては、あくまでもセフレはカラダを目的とした関係であって、女性の気持ちは一切無視。さらには、最終的には本命である彼女や奥さんには頭が上がらない状態になります。

お互いが遊びと割り切っているならそれもひとつの人間関係のかたちですが、女性側が本気で恋しているにもかかわらず、その気持ちを彼が利用し続けているならかなり問題ありです。

 

本命とは違って、彼らは遊び相手に対しては雑な対応をとりがちかも。女性側の気持ちは一切無視したまま、自分の気持ちを満たすことしかおそらく考えていません。中途半端な関係を続けてしまっているなら、自分の未来のためにも今すぐ彼から卒業すること。本命を目指すのではなく、もっと自分のことを大切にしてくれる別のパートナーとの可能性を選びましょう♡


構成・文/山口 恵理香