知らない間にやっている!? 付き合ったら大変そうと彼に思わせている女性の態度

途中まで素敵な雰囲気の中、彼と距離を縮めていたはずなのに、いつからかフェードアウトされるように。なかなか恋が前に進まないのは、きっと自分自身に原因があるはず。付き合う前からすでに自分のダメな部分を好きな人に対してお披露目している可能性があります。今度こそ恋愛が軌道にのるように普段の振る舞いを振り返りましょう。


自己主張が強すぎる

恋愛において自己主張することは大切です。常に受け身の姿勢ではなかなか好きな人とも距離が縮まらないでしょう。

しかし、相手の話をまともに聞かずに自分の話だけを押し付けたり、私はこれだけ素晴らしい女性なんだとアピールしたりするのは、さすがにチャンスを遠ざける原因になっているかも。

男性によって好きな女性のタイプは異なりますが、あまりにも自己主張が強すぎても相手はひいてしまうでしょう。

 

異性の友人の話をして嫉妬させようとする

彼の気をひこうと、あえて異性の友人の話をして様子を伺う人がなかにはいます。おそらく彼はわざと男友達の話をしていることに気がつきます。そして、その瞬間に目の前の女性は自分に興味があるということも同時に気づきます。

せっかくデートを楽しんでいるのに他の友人との話をされても、相手は正直あまりいい気持ちではないでしょう。たとえ、わざと話しているとわかっていても、なんだか計算高く感じてしまうはず。変化球を投げるよりも、もう少しストレートなアプローチのほうが相手からみたときにピュアな雰囲気にみえるかも♡

 

LINEの返信速度が速すぎる

いくら相手と距離を縮めたいとはいえ、彼から返信がくるたびにすぐに返していたら、さすがに彼も困ります。仕事をしなければいけないし、帰宅したら少しゆっくりしたいでしょう。

彼がひとりの時間を重視するタイプなら、なおさらLINE上でも距離をとる必要があります。

返信が速いから必ずしも相手があなたに対して好印象を抱くとは限りません。むしろ、あえて返信しない時間をつくり、相手をドキドキさせたほうがもしかしたら恋愛の理論としては正解の可能性もあるのです。

 

ほどよい距離感を保てない

なかなか恋愛がうまくいかない原因は、おそらく距離を詰めすぎること。彼としてはまだこれからお互いについて知っていく段階なのに、次から次へと質問をされ、最終的には結婚や子育ての話までされると、さすがに彼も追いつけなくなります。

恋愛も仕事も一つずつ段階をクリアすること、焦らず距離感を保つことが上手くいく秘訣では? 1日でも早く彼氏になってほしいとつい思ってしまう気持ちはわかりますが、焦れば焦るほどうまくいかなくなってしまいます。

 

せっかく出会いのチャンスがあっても、付き合う前からセルフイメージを自分の手で下げていては意味がありません。最初からすべてを彼に受け止めてもらう必要はなく、少しずつ関係性を築けるように意識しましょう。たったそれだけでも恋愛の状況が変わってくるはずですから♡