思い当ったらまずい!? 恋愛がうまくいかない理由は〇〇だから

なかなか恋が実らない…。自分が彼氏を見つける前に友だちは別れてすでに新しい恋人がいる状態。一生懸命頑張っているのに努力が結びつかない状況は誰にとってもストレスになります。原因を分析して、次のチャンスに活かしましょう!


LINEの頻度が高すぎる

 

チャンスを活かせない状況が続いているなら、それは「LINE」に原因があるのかも。たとえばまだ付き合っていない段階で、彼から返信がくるたびにすぐに返していませんか? 

たしかに嬉しい気持ちを抑えられないのは理解できますが、相手の立場に立ってみると、あまりにもLINEの頻度が高すぎると、重く感じてしまう可能性も…。今はまだお互いについてゆっくり知る段階だからこそ、丁寧にLINEを返しましょう。あまりにも早く返しすぎると彼は「ちゃんと仕事(勉強)しているのかな?」と不安に感じます。

 

重たい話を伝えるタイミングを間違えている

誰でも人には言えない過去や悩みを抱えています。好きな人と出会えたなら、一日でも早く自分の深い部分を知ってほしいと思うはず。ところがそのタイミングがあまりにも早すぎると、相手はまだ心の用意ができていないまま聞いているかも。

たとえば命に関わる病気ではないけれど持病があって、そのことを理解したうえで彼には付き合ってほしいと思っていても、まだ知り合ったばかりならもう少し我慢をすること(自分の気持ちを伝えるのはまだ早い!)が大切です。本格的に付き合うかどうか話にでてからでも遅くはないでしょう。

 

自分を否定する発言が多い

「言霊」といって、言葉はその人の生き方や心の在り方をあらわすといわれています。たとえば一緒にいてモチベーションが上がるような人は、誰よりも活き活きとしています。そして前向きな言葉を口にするようにいつも心がけ、周りに良い影響を与えているでしょう。

一方、自分自身を完全に否定する人もなかにはいます。せっかく好きな人が「今日のファッション素敵だね」と褒めてくれているのに「私なんか」「変ですよね」と自分自身に対して否定的な言葉を放っていると、どんどんネガティブオーラに包まれるそうです。彼もそんなあなたと一緒に過ごしているうちに、もしかしたら疲れを感じるようになっているのかも。

自信がないなら、努力をすること。たとえコンプレックスがあったとしても、自分を否定するのではなく自己肯定感を高められるように意識しましょう。

 

理想の彼氏像があまりにも高すぎる

なかなか恋が実らない原因は、もしかしたら理想の彼氏像があまりにも高すぎる可能性があります。たとえば自分は何も努力しないまま、相手に対しては「年収1000万円以上がいい」と無理難題な条件を突きつけていませんか? 

先日も街中で女の子2人組が「結婚相手は広告代理店の人がいい」「顔は絶対に重要」と大きな声で話していました。理想の彼氏像を思い描くことは、夢を叶えるうえではとても大切なことです。

たしかにお金が必要ではない、とは言い切れませんが、高年収だから素敵な人、とも限りません。自分にとってどんな彼氏が理想なのか、あるいは幸せにしてくれるのかをじっくり考え直すことで運命の人があっという間に目の前に現れるかも♡

 

恋愛がうまくいかなくても、今は焦る必要はありません。ただ「待ち」の姿勢では、なかなかチャンスを掴めないでしょう。きちんと今までの原因を振り返り、どうしてもわからないときは信頼できる友だちに聞いてみる。自分と対話しているうちに、運命の人と出会うタイミングも自然な流れの中で訪れるはずですよ♡


構成・文/山口 恵理香