焦りは禁物♡ LINEで好きな人と距離を縮める方法

コロナ禍に入って、好きな人ともなかなか会えない日々。LINEで距離を縮めようと必死にがんばっていませんか? あまりにもしつこくメッセージを送ると逆効果かも。あくまでも適度な距離感を保ちながら、LINEを通して少しずつ信頼関係を築いてまいりましょう。


悩み相談でやりとりを長続きさせる

LINEでやりとりを長続きさせる秘訣としては、悩み相談をもちかけることです。あくまでも勉強や仕事の相談にのってほしい、とお願いしてみるんです。相談してくれるということは、彼からしてみれば信頼してもらえているとも思えて、きっと嬉しいはず。

嘘をつく必要はありません。正直に今抱えている悩みを打ち明けることによって、やりとりする頻度がほんの少し増えてアプローチが良い方向に動きだすかもしれません。ただし「実は病気をしていて」「過去につらい経験があって」とハードな悩みを打ち明けるのはもうちょっと関係性が深まってからでも遅くはないでしょう。きちんと話題は選びつつ、彼とのやりとりを楽しみましょうね♡

 

電話やオンライン飲み会を提案してみる

コロナ禍に入り、おうち時間が増えた今は電話やオンラインでの飲み会に誘いやすい雰囲気がでています。彼もひとり暮らしで今のところ彼女がいないなら、たまには誰かと話したくなるでしょう。

そこで彼に提案してみるんです。「1時間くらいでいいので、オンラインでお話しませんか?」と軽めに提案することで、彼も検討してくれるでしょう。リアルな世界で会うよりもオンラインなら自宅で過ごせるし、彼からしてみるとハードルが下がります。おうち時間が増えている今なら応えてくれる可能性は高いはず。

 

やりとりが途切れても諦めずに少し時間を置いて送り直す

一度スタートしたやりとりが永遠に続くことは、まずほとんどないでしょう。最初から相思相愛の状態なら、長く続くかもしれませんが、たとえお互いに気になる存在であっても多くの男性が途中から「LINEは面倒くさい」「毎日何を話せばいいのか分からない」と言い始め、おそらくLINEの頻度が下がりはじめます。

たとえやりとりが途切れても感情的な態度をとらないように気をつけましょう。あくまでも諦めずに、少しずつ焦らずに距離を縮めれば、きっと彼は少しずつ心惹かれるはずです。

 

質問続きのメッセージを送りすぎない

LINEを長続きさせようと、彼に対して質問形式でメッセージを送っていませんか? たしかに「?」をつけたら、相手は既読スルーできなくなります。しかし、それはあまりにも相手の立場を考えないやり方で、きっと好きな人は少しずつ負担に感じるでしょう。

質問形式にこだわるよりも自然なやりとりを意識したほうがいいかも。たとえ途中でやりとりが途切れてしまっても、しばらく距離を置いて「久しぶり!」と送ったら、優しい彼なら返信してくれるはずですから♡

 

コロナ禍でも距離を縮めるためには、ほんの少し角度を変えてアプローチを続けることが大事です。相手に対して固執すると、2人の関係性はあまり良くない方向へ進みかねません。自然なやりとりを意識しながら、少しずつ地道に距離を縮めましょう。焦りは禁物ですよ♡


構成・文/山口 恵理香