ハードル低すぎ!? 男性が「この子は軽い女」と認定する瞬間

一生懸命尽くしても、最終的にはフラれてしまう…。それは彼がチャラいというより自分自身に問題があるかも!? 男性は一瞬にしておそらく「この子は軽い」と見破られるのでしょう。些細な行動で自分の気持ちが伝わってしまっている可能性があります。もう少しハードルを上げないと、いつまでもつらい恋愛を繰り返すことに。


急に誘ってもすぐに予定を空けてくれる

好きな人からLINEがくると一目散に彼のもとへと向かう女性がいます。本当は友達と会う予定だったのに適当な理由をみつけてお断り。そして彼に「空いているよ!」と連絡していませんか? 

そもそも予定を合わせてくれていた友達に対して失礼! 男性もその瞬間に「この子はいつ呼び出しても来てくれるんだ」と思ってしまいます。それは自ら私はハードルが低いんですよ、と男性側に伝えている状況と何ら変わらないのです。

 

付き合っていない状態でも部屋に入れてもらえる

恋愛にルールはありませんが、守らなければいけない「順番」はもしかしたらあるのかもしれません。とくに付き合っていない状態で相手を家に入れないほうがいいかも。すべて自己責任のもと家に入れるかどうか決めるのは自由ですが、男性からしてみると「軽い」と思ってしまうきっかけになります。

今までもこうして知り合ったばかりの男性を家に入れてきたのかと思うと、再びその瞬間に「この子は軽い」「すぐに落とせる」と思われてしまいます。どんなに相手を信頼できたとしても、告白されていない限り、家には呼ばないほうがより安全です。

 

何回も振り回してもLINEをするとすぐに連絡がくる

男性がどれだけ自分都合に振り回しても、一生懸命尽くす女性がいます。しかし、おそらく男性側からしてみると自分の言いなりになる女性に対しては「面白くない」と感じるのでしょう。

ゲーム感覚で恋愛を楽しむものではありませんが、追いかける意味がなくなります。すぐに振り向いてくれるし、予定を変更してまで会いにきてくれる状態がおそらく段々と面白くなくなるはず。

いくら彼のことが好きで付き合いたいと思っていても、あきらかに相手が女性を振り回すためならその恋は進めないほうが自分の未来のためになります。人の時間や予定、感情を振り回すことに何も感じないような人と付き合っても自分が苦労するだけかも…。

 

ボディタッチをしてもそのまま受け入れちゃう

相手のタイプによっては付き合う前からボディタッチをしてくる人もいます。正式にお付き合いすると決まっていないのに距離感を詰めてくるんですよね。本来なら「やめてよ!」と軽く笑い飛ばしながら上手に交わす状態が理想的。

ところが彼しか視界に入っていない女の子はすべてを受け入れてしまうのです。なかにはボディタッチに留まらず、順番を大きく間違えてしまう人もなかにはいるようです。「この子は軽い」と思われたくないなら、どんなときも自分の意思を強くもつことが大事でしょう。

 

幸せな恋愛を掴み取るためには、女性を振り回す男性を追いかけないことが大切です。あきらかに女性の感情を利用しているなら早めにこちらからフェードアウトを。違和感を覚えながら無理やり彼との関係を発展させないように気をつけましょう!


構成・文/山口 恵理香