一生独身コース!? 意外とバレている“おひとりさま感”のある女性の特徴

男の人と最後にデートしたのは、たしかあれは数年前…。たまに男友達とお茶することはあっても恋愛には発展しないし、どちらかというとおひとりさまのライフスタイルが定着しはじめている頃では? でも結婚に憧れているとなると、そろそろ行動を開始する必要があります。彼氏いない歴が長いって意外と周りにバレているかも!? 


SNSには家族や友達、ペットと過ごしている写真が多い

今は直接会えなくてもSNSを知っていれば、近況を把握できます。彼氏や旦那さんがいる女の子たちは素敵なギフトをもらっていたり、楽しそうにデートしていたり……。一方、彼氏がいない女性のSNSをみていると、登場人物は家族か友達かもしくは自分にとって大切なペットのみ。

男性の影がみえずに、もしかしたら彼氏いない歴が長くなっていることを自ら証明している可能性もあります。決してマイナスに捉える必要はありませんが「モテ」を考えるなら、たまには男友達とお茶している姿くらい投稿してみるのもありかも。

 

恋愛トークがはじまっても元カレについてしか話せない

友達には彼氏がいて、自分には長い間彼氏がいない。集って恋愛トークをはじめても、おそらくひたすら相手だけが話し続け、彼氏がいない側は話を聞いてあげなければいけないでしょう。

「で、最近どうなの?」と言われても、彼氏がいない期間が長くなると更新されることはとくになく、どちらかといえば「最近太ってきた気がする」「仕事が忙しくて」と恋愛トークとは少しかけ離れたネタばかり。

とくにネタがないからといって、何も話さないわけにもいかず、とりあえず元カレについて話すけれど…。恋愛トークをしなければいけない環境に疲れはじめていませんか?

 

服装にバリエーションがない

ひとり行動が多くなると、毎日のコーディネートにバリエーションがなくなります。デートの予定が入らないと分かっているからスカートなんて履く必要がないし、ワンピースを買ったとしてもそれを着ていくような場所にでかけるチャンスがありません。とくに最近はコロナ禍でしかも在宅ワークの場合は、ますますひとり時間が長くなり、オシャレに対する意識もいつの間にか急下降。

でも…いずれ恋人がほしいなら、いつ出会ってもいいように一日一日のオシャレを丁寧に楽しみましょう。たとえ出会う確率が今は少なかったとしても、可愛い洋服をたまには着て、自分の気持ちを高めておくことは大切です♡

 

バリバリ働いていてパートナーに求める条件が高すぎる

彼氏いない歴が長くなってくると、恋人に求める条件も日に日に高くなります。おひとりさま期間が長くなっているからこそ、妥協はできなくなるし、ましてやバリバリに働いていたら、仕事を頑張る姿勢を理解してくれる人ではない限り、パートナーシップを結ぶのは難しくなるはずです。

そもそも喫煙しているだけで条件には一致しないと判断する女の子もいるし、優しくて真面目でも「子どもを絶対に産んでください」と男の子からプレッシャーをかけられることもイヤと考える人もいます。パートナーへの条件を下げる必要はありませんが、100点満点を求めすぎないように気をつけましょう!

 

彼氏いない歴が長くなっても焦らないことが大切。ただありのままの姿をみせすぎても周囲からは「この子は一生独身を目指しているの?」と勘違いされる場合も。おひとりさまを印象づけないように気をつけながらも、自分磨きを楽しんで、新しいご縁を引き寄せましょう!


構成・文/山口 恵理香