内側から光を放つ♡外見に自信がなくてもモテるコツ

外見に自信がない……。鏡をみると自分の容姿にがっかりするときもたくさんある。友達はメイクもオシャレも楽しんで、いつもキラキラしているのに私はずっと自信をもてないまま。そろそろ、内側から磨いて自分改革をはじめてみませんか? 可愛い=顔が整っているとは限らないんです。


平等に接する・人によって態度を変えない

自分に自信がある人は、普段からどんなときも頑張っているんです。相手が誰であっても真剣に向き合い、そっと寄り添います。だから周りから信頼されて、チャンスもおりてきやすいのです。

なかにはオシャレやメイクは完璧であっても、相手によって態度を変える人がいます。たとえ同世代からは好かれていたとしても、先輩たちは彼女の性質を見抜きます。媚びを売っているのも分かるし、人によって態度を変えるタイプであることもすぐに分かるものでしょう。

自分に自信をもちたいなら、みんなに優しく接してみるだけでもオーラのキラキラ度が違うはず。程よい距離感は保ちながらも、みんなと楽しく過ごしていたら、自分のもとに多くの人たちが集まってきます。

 

人を優しくフォローできる

今はコロナ禍で昔のように飲み会はできませんが、複数人で集まったときどうしてもその場のスピードに追いつけなくなる人が数人います。とくに飲み会は、場を盛り上げる人、一緒にどうにか盛り上がれる人、少し距離を置いてマイペースに過ごせる人、スピードに追いつけなくなって落ち込んでしまう人と、いくつかのタイプに分かれます。

もし自分に自信をもちたいなら、少し困っている人をぜひフォローしてあげてください♡ 決して自己満足のためではなく、困っている人や悩んでいる人を助けてあげることで自分自身にも気づきがあり、相乗効果のようにお互いが元気になるものでは? 誰かに対して優しくする。小さな積み重ねをしているうちに、今よりもオーラに透明感がでてくるかも。

自信がないなりにファッションやコスメを研究してみる

「美容が好き!」と宣言している女子の中には、自分のコンプレックスを上手にカバーするためにメイクやファッションを研究しはじめ、なかにはそれをお仕事にしている人もいるほど日々の研究はとても大切なんです。

自分に自信がないのは、みんな同じ。どんなに周りから羨ましく思えるような美人さんでも誰にも言えないコンプレックスを抱えているはずなんです。ファッションやコスメはじっくりと研究することで、少しずつセルフイメージにも変化がではじめます。

真剣に研究しているうちに誰かから「最近、雰囲気変わったね」と言われたら大成功! コンプレックスを活かしたメイク、ファッションコーデの組み合わせはきっとたくさんあります。「私なんて」と諦めずに、自分らしいオシャレの定義をみつけてみては? 

 

仕事や勉強で結果をだすとオーラもキラキラと!?

美しさに磨きをかけたいときは仕事や勉強で成果をだしましょう。仕事や勉強で結果をだすって、言葉では簡単のように思えるけれど、実際は相当な覚悟と努力を必要とします。

たとえば国家資格を目指す場合は、数年単位での勉強計画が必要になります。資格をもつためには学校に通う必要があり、さらに通学するためには授業料を自分自身で稼ぐ必要もでてきます。

しかし、水面下で努力していても誰も褒めてはくれないし、実際に夢が叶うのかどうかも誰も教えてくれません。つまり想像以上の孤独な闘いなのです。でも…無事に目標を達成すると自信をもてるようになり、心の在り方が表情やオーラに反映され、周りからも羨ましがられる存在になるんです♡

 

内側から光を放つためには、まず自分自身の中にある「闇」を放っておかないこと。どうしたら闇に光を当てられるのかを考えてみます。「だって」「どうせ」「でも」と繰り返していても、人生はずっと今の状態のままかも。

それはかなりもったいないですよね。仕事や勉強で結果をだしたり、周りの人を大切にしたり、そうやってコツコツと人生経験を積んでいるうちにコンプレックスは個性へと大変身するでしょう♡


構成・文/山口 恵理香