merモデルオーディションファイナリストに聞いた! “おうち時間”で始めた新しい趣味♡

例年よりおうちで過ごす時間が増え、これを機会に新しいことにチャレンジしている人も多いのでは? 今回は、merモデルオーディション2020ファイナリストの3人に聞いた、「おうち時間で新しく始めたこと」をご紹介♡ 毎日を充実させるヒントがつまったファイナリストのおうち時間を参考にしてみて♪


\アサイヒナタちゃん (@asai_hinata_)

「手芸を始めました!」

「家にいる時間が増えたことで、何か創作したいなと思い、簡単にできる手芸を始めました。カラフルな布マスクから、小さなぬいぐるみまで、幅広いアイテムを作っています! 完成された物を買うよりも、自分で作る方が一層愛着が湧きますし、何よりも達成感が得られるので一石二鳥♪ もふもふのぬいぐるみは、周りの友達もとても気に入ってくれていて嬉しいです。私が手芸をする際に針山代わりにしているのを見て、『可哀想』と泣きそうになっている友達もいて、愛されてると嬉しくなりました(笑)。作品の販売はまだしていないのですが、ぬいぐるみをモチーフに作ったLINEスタンプは販売しているので、是非チェックしてほしいです♡」。

▶ヒナタちゃんのスタンプはLINE storeで販売中!


\菊地紗映ちゃん (@esapakudesu)

「心に響いた言葉をノートにメモしています!」

「映画、ドラマ、本や電車の広告で印象的だった言葉、また、友達や両親から言われた言葉などをしっかり胸に秘めておきたいなと思い、ノートに書き留めるようになりました! 最近は携帯のメモ機能を使ったりで、自分の手で文字を書く機会が減っていましたが、この趣味のおかげでボールペンを持つ回数が圧倒的に増えました。あえてノートに書くというアナログなスタイルが、なんだか懐かしくて気に入っています♪ 言葉は偉大で、言葉ひとつで勇気が出たり、自信を持てたりします。不安になったり悲しくなったり、生きているといろんな感情に出会いますが、そんな時ノートに書いた言葉たちが不意に浮かんで、また頑張るためのパワーになったりします!」。

 


\西田江那ちゃん (@enachan06)

「読書&インテリアにハマっています♡」

「時間がなくて読めていなかった本や、映画のパンフレットがたくさんあったので、増えたおうち時間を使って、ゆっくり順番に読んでいます。これまでは、本より映画派だった私ですが、本を読み始めて改めて活字の良さを感じ、今ではすっかり読書にハマってしまいました♡ それから、お部屋のインテリアにこだわり始めたのも、おうち時間が増えたからこそ! イケアで買った棚を頑張ってひとりで組み立てたらすごく愛着が湧いて、『収納』が楽しくなりました。今は、お店みたいにTシャツやアクセサリーを可愛く並べています♪ 今までは片付けが苦手だったり、そもそも忙しくて片付ける時間を持てていなかったのですが、お部屋を充実させることで、心がスッキリして気分も上がると気付きました! これをきっかけに、自分の時間をゆっくり取ることも大切にしようと思います」。


構成・文/家田柚香