付き合うのは考えるべき! 初デートで正直「ないな」と感じてしまう男性の特徴

初デートは二人にとって試験のようなもの。本当にお互いの相性が合っているのかどうか、これからも一緒にいられるかどうか確認する時間でもあります。LINEでやりとりしているときはかっこいいと思えた彼も、実際に会ってみると「あれ?何かが違う」と感じるケースも残念ながらあります。自分の気持ちを無視したまま強引に進めないように気をつけてくださいね。


カフェに入っても自分は座ったままで注文に行こうとしない

カフェによってはテーブルで注文するのではなく、レジに並んで注文する場所もあります。そんなとき彼はどんな態度をとっていますか? まさか注文しに行くのは女性がするもの、と思い込んでいませんよね? 

たしかに男性が注文しに行くべき、というのも偏った意見になりますが、いつも座ったままで動こうとしないのは、さすがにちょっと残念…。ずっと動き回って疲れている状態はお互い同じ。彼にもたまには「俺が行こうか?」と言ってほしいはず。

 

下調べをまったくしていない

初デートする場所が二人とも初めて訪れる場所なら、簡単なリサーチでもいいから下調べが必要です。たとえばどんなお店があるのか、駅周辺に大型の商業施設があるのかどうか、流行りのカフェも含めて調べておくことで当日、お互いに困らなくて済むんです。

下調べについても男性がするべき、というよりも、お互いがちゃんと翌日に向けて準備しておくべきと言ったほうが正しいかもしれません。大人になってまで何もかも人任せの男の子よりも、積極的にデートに向けて準備してくれる紳士な男の子とお付き合いをしたほうが、もっと、もっと幸せになれるかも♡

 

自分の話しかせず、女性の話を聞かない

せっかくデートを楽しみにしていたのに、目の前の彼は自分の話しかしない…。理想の会話はお互いがキャッチボールをしている状態では? 自分の話をしたら、今度は相手の話を聞く、今度は相手が話して、と順番に会話するから一緒にいて楽しいはずなんです。

しかし、なかには自分の話をひたすら話す人がいます。大した自慢話ではないのに、しかも周りに聞かせるように大きな声で話します。できれば彼には自分の話を聞いてほしいのに、毎回デートするたびに聞き役に回るなんて、さすがに我慢できませんよね。きちんとお互いが楽しめるデートであってほしいはず。

 

初回にしては格好がゆるすぎる

初デートは、2回目以降に繋がるかどうかお互いに試験を受けている状態とあまり変わりません。ファッションも、お互いの好みなのかどうか二人ともさりげなくチェックしているでしょう。初デートにもかかわらず、あまりにも格好がゆるすぎると、たったそれだけでも違和感を覚える人はいて当たり前かも。

人によってファッションの優先順位は違ったとしても初デートですから最低限のオシャレは頑張ってきてほしいと思いませんか? もし彼のファッションがあまり好きではないなら、そこからは要検討。たったそれだけで付き合わない理由にはならないけれど果たして我慢できるのかどうか、ファッション指導したら彼は変わってくれるのか、慎重に考える必要があります。

 

初デートで「何か違う!」と思ったら、間違いなくそれが答えなんです! 一度感じてしまった違和感はどう頑張っても拭えません。それでも付き合うならそこからは自己責任。一度立ち止まって、彼と付き合うべきかどうかゆっくり考えたほうが自分の将来のためになります。初デートは彼だけではなく、自分も彼からチェックされています。初デートで印象を下げないようにお互いに気をつけましょう♡


構成・文/山口 恵理香