意外な共通点!? 彼氏がいない期間が長くなるとでてくる症状

彼氏がいない期間が長くなると、おひとりさまの日々に馴染みきってしまいます。諦めたわけではないし、もちろん一生独身でいると覚悟したはずではないのに、すっかり板について、ひとりの時間がどんどん心地よくなってきます。ついつい自分にとって楽な方へと進んじゃいますよね。


恋愛ドラマを観ただけで心が満たされる

実際にお付き合いを始めると、ややこしいことも増えます。最初からお互いに理解できるわけではなく、3ヶ月を過ぎる頃には喧嘩をするかもしれないし、話し合いを重ねる日々になる可能性があります。

しかし、おひとりさまとして過ごしていて恋愛ドラマを観るだけだと、ほどよくドキドキも楽しめて女性ホルモンもまるで上がっているような気分に。現実的にはまだ恋愛に前向きではなくても、今は数えきれないほどの恋愛ドラマや映画が次々と登場しています。そういった作品を何度も観ているうちに「今の私はこれだけで十分」と、ついつい思ってしまいがちに……。

 

ひとりだけで日々の生活が完結している

朝起きて、仕事をして(学校に行って)夕方には少しカフェに入り、そのまま帰宅。最初はめちゃくちゃ寂しかったひとり暮らしもすっかり馴染み、実家にもたまに帰るくらいに…。

「同じことの繰り返しなんて嫌だ!」ともちろん感じる日もあるはずですが、それ以上に自分のペースで朝から晩まで過ごせる快適さを覚えてしまうと、なかなか「お付き合いをしたい!」「彼氏と同棲したい」とはなりません。

ひとり暮らしが長くなるほど、自分の暮らしのペースもあり、その中に他人が入ってくることも最初はおそらく相当なストレスになるはず。

 

彼氏がいるデメリットばかり考えてしまう

彼氏がいない日々が数年続くと、本当に慣れちゃうから不思議ですよね。クリスマスが過ぎようとも年末年始を迎えても、むしろマイペースに過ごせることが自分にとってかけがえのない幸せになりつつあります。

でもときどきメンタルの調子が下がると寂しくなるし、人肌が恋しくなるのも事実。ただ彼氏と出会って、それからお付き合いが始まったときの自分の姿をイメージすると、どうしてもデメリットだけが浮かんできてしまうのでは? 自分のペースを大幅に崩さずに、新しい恋愛をスタートさせられたら一番理想のかたちですね♡

 

どんどん新しい挑戦をしたくなり結果として恋をする時間がなくなる

おひとりさまは、寂しくなる瞬間もたくさんあります。しかし、ひとりだから「自由」で、何でも挑戦したくなりませんか? 1回きりの人生だから、試してみたいことはチャレンジしたいとリストに書き起こし、ゲームを攻略するようにひとつずつの目標を達成している瞬間が幸せだったりします。

ヨガを始めたら、今度は外でヨガをしてみたい、海外でもヨガをしてみたいと、どんどん夢は膨らむばかり。その結果、仕事や勉強、趣味だけでもあっという間に時間が過ぎ、ますます恋をする時間がなくなっている人もいるでしょう。

 

 

彼氏がいない期間が長くなっても、自分のペースで過ごすことが大切です。ただ、そんな自分を「魅力的ではない」「恋愛をする資格はもうない」と決めつけるのは、自分の貴重な可能性に制限をかけているかも。あくまでも今の暮らしのペースや自分らしさを保ちながら恋愛ができるように、パートナーも自分と同じように自立している人を選ぶと良いでしょう♡


構成・文/山口 恵理香