初デートで分かる!付き合うと大変な“ナルシスト系男子”の共通点

ナルシスト=マイナスなイメージとは限りません。自信をもてないよりも、自分を肯定できたほうが輝いてみえます。しかし、何事も過度になりすぎると、周りからの評価が下がってしまいます。とくに自分の彼氏には、ナルシストというよりも自然体でいてほしいはず。ナルシスト系男子の共通点をご紹介します。


自分の話ばかりする

ナルシストさんは、おそらく自分に相当な自信があります。仕事でも成果をだしているのかもしれないし、他の人よりもたしかに優秀なのかもしれません。それは周りが言わなくても自分がよく分かっていること。だからついつい女の子の前でも、自分の話をしたくなるはず。

ところが女子からしてみると、自分の話しか話さない人は正直ちょっときついですよね…。付き合っても相手のペースに合わせることになるかも。相手の女の子に興味をもって、話を引き出してくれる人に魅力を感じませんか?

 

知識を披露したがる

いくらかっこよくみえたくても、知識を披露しすぎるのは評判を落とす原因になるかも。たとえば、たまたま二人で書店に入って「この本はたしか今売れていて」と、大きな声で自分の知っている知識を話すのは、さすがにやめてほしいはず。そもそも周りに彼よりも詳しい人がいるかもしれない中、彼は自分に自信があるせいか、大きな声で自慢します。

自分を大きく見せたがる人よりも、等身大の姿で向き合ってくれる人のほうが信頼できますよね。もしかしたらそんな彼よりも、話している中で「この人って物知りだな」と感じさせるくらいの人がちょうどいいかも。

 

鏡をみつけるたびに自分の顔を横目で確認する

街中には様々な場所に鏡があります。エスカレーターに乗ると、反対側の壁には鏡があるし、ショーウィンドウは反射して自分の立ち姿を確認できます。ナルシストさんは、やはり自分のスタイルに自信があるのか、どうしても鏡があるとチェックしたくなるようです。

軽く確認するくらいなら許容範囲ですが、あまりにも頻度が高いと彼女としては我慢の限界。とはいえ、自分の見た目に無関心すぎるのも少し困ります。ほどよくチェックするくらいなら許せますが、さて好きな人のナルシスト度はいかがでしょう?

 

自分の非を認めずプライドが高い

ナルシストさんであっても良心的で、自分を高めようと必死に努力されている方はたくさんいます。しかし、普段から人よりも頑張っているからこそ強い自信が生まれ、自分の非を認めない人もなかにはいるようです。

プライドが高い、誰にも負けない強いメンタルだからこそ、仕事や勉強を頑張れているはずですが、間違いを指摘されたときには、たとえ相手が女性であっても、自分より立場が低い人であっても「すみませんでした」あるいは「間違いを指摘してくれてありがとう」まで言える人こそ、正真正銘の紳士です。プライドが高すぎるのは、パートナーとしては少し困りますよね…。

 

ナルシスト=その人が魅力的ではない、というわけではありません。ただあまりにも度合いが高すぎると、女性側としては困る部分がいくつかでてきます。「えっ?」と戸惑う瞬間もあるでしょう。ただ自分に自信がなさすぎても、今度は頼りなく思えてきます。ナルシストな部分を含めて彼を好きになれるかどうかは、あくまでも自分次第ですね♡


構成・文/山口 恵理香