彼は運命の人? 意外と知られていない「ソウルメイト」の特徴

友達からの紹介やマッチングアプリで素敵な出会いがあったときに、本当にこのまま関係を進めてもいいのかどうか悩みませんか? 大切なのはフィーリングと何より自分の直感です。お互いにとって必要なご縁なら、きっと最後まで残るはずなんですよ♡


出会ったばかりなのに安心感がある

相手がソウルメイトの場合、出会ったばかりなのに安心感があります。たとえ彼からLINEがこなくなっても「今はきっと忙しいんだろうな」と彼の状況が分かるんですよね。

実際に会ったときも初めてとは思えない相性の良さだからこそ、あっという間に話が進みます。相手が運命の人かどうか見極めるというより自然な流れに身を任せるのが一番。これからの自分にとって必要ならあっという間にお付き合いへと発展するでしょう。

 

ニセモノとホンモノを見分ける

ソウルメイトとソウルメイトもどきの二人がいる、といわれています。ソウルメイトもどきは、ソウルメイトと会ったときのような感覚になりやすく、どうしても自分から追いかけてしまいます。しかし、ソウルメイトもどきの場合は、どれだけ自分の力で前に進めようと思っても、どこかからストップがかかってしまうんですね。

たとえば家族が反対する、あるいは相手の親が反対する、最悪の場合は初回のデートさえも彼がドタキャンし、成立しなくなります。本物のソウルメイトはお互いの家族もなぜか応援し、彼ともあっという間に仲良くなり、ひょっとしたら気がついたときには結婚の可能性もあるくらい、進展スピードが速いのです。

 

バタバタしなくても二人の関係は続いていく

バタバタする恋は、相当な確率で偽者だといわれています。相手からLINEが途切れやすく、そのたびに不安定になり、彼に再びLINEを送ってしまう…。彼と付き合おうとすると障害が発生し、なおかつスムーズに物事が進めないなら彼は残念ながら偽者です。

どんなに彼から優しい言葉をかけられても、その他に嬉しいことがあったとしても、その人は運命の人ではありません。自分にとって必要なご縁にいつまでもしがみついていると、本来の運命の人が入ってくるスペースがなくなってしまいますから、要らないご縁には執着しないことが何よりも大切なんです!

 

自然と会う流れになる

お互いにソウルメイトとして必要としているなら、打ち合わせがなくてもどこかで会う可能性もあるんです。たとえば、お互いにご近所さんだったら、たとえ打ち合わせしなくてもばったりスーパーで会ったり、駅の改札で遭遇したり、まるで恋の神様が二人を引き合わせるようにハプニングが起きるんです。

それはお互いに必要なご縁だから。そして、運命の人同士だから、無意識のうちに相手を引き寄せるのでしょう。

 

出会い方が友達からの紹介であっても、マッチングアプリであっても、本当に自分の人生に必要な人かどうかをしっかり判断しなくてはいけません。恋愛は誰でもいいわけではないんですよね。ましてや大人になって年齢を重ねながら恋愛をするとなると、慎重に相手を選ばないと時間が無駄になってしまいます。素敵な出会いがあっても、しばらくは相手の言動や様子をみながら、自分なりに分析してみてくださいね!


構成・文/山口 恵理香