【憧れの職業密着】オシャレな人たちが通う セレクトショップのオーナーってどんなお仕事?

様々な職業のお仕事内容をクローズアップして、“なりたい自分”のヒントをもらう連載企画第10回目。今回は、“セレクトショップオーナー”をピックアップ。オシャレさんが集う街・吉祥寺にあるセレクトショップ「とじこみ」の堀井さんご夫婦に、セレクトショップオーナーのお仕事についてたっぷりお話を聞いてきました!


「とじこみ」オーナー・堀井さんご夫婦

【 Profile 】

Name:堀井 聡(39歳)
堀井未沙都(33歳)

S h o p:とじこみ
Period:5年目(※)

聡さんは音楽と美容の専門学校を卒業後、美容室やアパレルショップで働き、未沙都さんはファッションの短大を卒業後アパレルショップや古着屋さんでアルバイト。2014年12月に「とじこみ」を吉祥寺にオープンして今年5年目を迎えます。個性的なアイテムばかりの店内は居るだけでワクワクが止まりません。

(※1)ショップオーナー歴は2020年7月時点

 

“ショップオーナー”ってどんなお仕事?

—セレクトショップのお仕事とは…
未沙都さん(以下、未)「基本的に接客は私、夫はお店の裏で事務作業をしています。オープンの30分〜1時間前に出勤して、掃除、整理整頓をし、新着アイテムの着用写真を撮ります。オープンしてお店を閉めるまで接客、お客さんのいない時間はウェブショップで売れたアイテムの発送準備やブランドさんとのメールのやりとり、SNSのチェック。物づくりも好きなので、店内のディスプレイを作ったりしています」。

 

自分たちが好きなものを発信したい!
可愛いものを詰め込んだショップをオープン

—ショップを開いたきっかけ…
聡さん(以下、聡)「自分の好きなものを自由に身に付けることの楽しさを知ってもらいたいと思い、お店をオープンしました。自分たちが20代の頃は、今よりも個性的な格好をしている人が多かった気がして。そうやってファッションを通じて自分を表現することで、自分らしさも生まれるし、そんなきっかけになるお店ができたらと思っています」。

未「幼い頃、親と服を買いに行っても自分で選ぶくらい服が大好きでした! 大きくなってもそれは変わらず、ファッションビジネスについて学べる学校へ通っていました。ブランドものや古着などいろいろ見ている中で、クリエイターさんが作る作品の可愛さに気付き、自分が好きなものをたくさんの人と共有できたらいいなと思ったのがきっかけです」。

 

—お店を開くまでに準備したことは?
聡「お店を始めようと決めてから1、2年でお金を貯めてお店をオープン。たくさんのお店を巡って、他にないコンセプトやイメージを考えました。経営に関しては、手探り状態のままお店を始めてしまったので、人に聞いて教えてもらったりして徐々に成長してやって来ましたね。場所は、よく二人で来ていた吉祥寺に決めました。優しい方が多いのと、のんびりした空気感がとても好きです」。

 

—とじこみという店名の由来は?
未「セレクトアイテムを包むようにお店に閉じ込め、お客さんがお店のドアを開ける瞬間に、プレゼントを開けるようなワクワクを楽しんで欲しいという想いを込めて付けました!
よく来てくれるお客さんにもワクワクを届けたい! と思い、少しずつですが毎日アイテムの配置を変えるようにしています」。

 

人との繋がりが全て。
のんびり過ごせるショップを作りたい。

—ショップオーナーのお仕事の魅力は何だと思いますか?
聡「僕たちが選んだアイテムを見て楽しんでくれたり、お客様が何かアイテムを買って行って、そこからファッションの輪が広がっていくことにワクワクします」。

未「お客さんや、取引先のブランドさんなど、人と繋がれることが一番。学生だったお客さんが就職したり、色々な人の人生をお店を通してすぐ近くで見られるのもすごく素敵なことだなと思います。それに、好きな格好をして働くことができるのも魅力です」。

 

—お仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?
聡「お客様の存在が支えになっています。今は感染症の影響でみんな大変なはず。それでもSNSでメッセージをくれたり、手紙をいただくことがあります。個人店で小さくお店をしているのもあって、とても優しい方たちと繋がれていて本当に幸せだなと思いましたね。なかなか外出できない方も多いので、お返事を書いてコミュニケーションをとったりしています」。

お手紙の返事用のメモ帳や、お気に入りの文房具たち

 

—逆に大変なことは何ですか?
未「搬入作業のような体力仕事以外は、人と話すことが好きなので大変だと思ったことがほとんどないです! でも、もともと通販に比べて店舗に来てくださるお客様の割合が多かったので、今回の感染症の影響で少し苦戦しました」。

 

—アイテムはどんな基準でセレクトしているの?
聡「他にはない魅力を持っていたり、クラフト感があるものを選んでいます。自分たちの心が動くかどうかが大事なポイント。それにデザイナーさんの人柄や楽しいと思っていることなどもチェックしています。可愛いものが好きでSNSをよくチェックしているのでブランド探しは僕、アイテムセレクトは妻が行なっています! SNSを見て、二人がいいなと思ったデザイナーさんに、有名、無名関係なくお声掛けするようにしています」。

 

何事も行動あるのみ!
失敗は成功の元になります。

—二人が思う、ショップオーナーに向いている人は?
聡「“自分はこうだ!”というこだわりや芯のある人の方が、お店の色が出せていいのではないかなと思います!」。

未「常にアンテナを張っている人や、人に興味がある人だと思います。私は夫ほど新しいクリエイターさんを見つけるのは得意ではないけれど、できるだけたくさんのものを見るようにしています。それに人に興味がある人なら、接客も楽しくできるはずです!」

 

ー今後の夢はなんですか?
聡「人との繋がりを大切に、お取り扱いしているブランドのアイテムをたくさんの方に知ってもらいたい! そのためにギャラリーを設けてデザイナーさんが思いのままに表現できる場所を作りたいです。ありがたいことに海外の方にも見ていただくことが増えたので、できる限り大きく活動して行けたらと思っています」。

未「お取り扱いしているブランドさんと一緒に企画展をしたり、コーディネートをすることが好きなので、スタイリングのお仕事もできたらなと考えています!」。

 

ー将来を考える読者へ向けてメッセージをお願いします
聡「とにかく行動することが大事。たくさんチャレンジして失敗しても真面目にコツコツ頑張っていれば自分を知れる良い機会になると思います。自分と関わってくれている人たちへの感謝の気持ちを忘れずに過ごしていれば大丈夫!」。

未「もし夢を持っているのなら、行動あるのみ! 小さなことでも何でもいいので、気になったら挑戦してみるのが一番だと思います」。

 

【撮影協力】
「とじこみ
HP:tojikomi.com
O
nline shop:tojikomi
Instagram:tojikomi
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町1-2-12 小美野ビル1F店舗
営業時間 :12:00~20:00
※定休日:水・木曜日

 

▶︎information◀︎

\西武池袋店にてポップアップショップを開催!/

【詳細】
場所:西武池袋本店3階南イベントスペース
期間:8/12(水)〜8/25(火)
営業時間:月〜土 10:00-21:00
     日・祝 10:00-20:00
お問い合わせ:tojikomi@gmail.com


撮影/渡邉まり子
構成・文/大西美音