恋活に連敗中? 女子が付き合う前にとりがちなNG行動

せっかく素敵な人と出会っても、なぜか両思いにはなれない…。恋活に連敗中なら、何か原因があるのかもしれません。しっかりと反省しないまま、恋をしていても結果に結びつかないのは当たり前かも。そろそろ今までの失敗の原因を突き止めて、素敵な彼氏とお付き合いできるように準備を進めてまいりましょう♩


付き合っていないのにプレゼントを用意する

連敗中の最大の原因は焦りや不安といったネガティブな気持ち。一日でも早く彼氏がほしいと焦りすぎていませんか? 恋愛も仕事も焦りは必ずといっていいほどミスを誘発します。冷静に自分自身を分析できなくなるからです。

連敗中の女の子の意外な共通点は、付き合ってもいないのにプレゼントを用意すること。しかもハンカチやタオルのような心ばかりのギフトではなく本格的なプレゼントを用意するんです!

まだ彼女になっていないし、ただ二人で定期的に出かけているだけ。そんな状況を勘違いしたまま一方的にアプローチをしたら、今まで順調だった恋も一気に終わりを迎えてしまいます。

元カレや過去のつらい経験について話し始める

連敗中の女の子の中には過去の話をしたら彼が自分に興味をもってくれると勘違いしている人もいます。「そうなんだ、大変だったね」と言ってほしくて、あえて暗い話を持ち出しているのでしょう。

しかし彼からしてみると「付き合いましょう」と正式に決まっていない段階から暗い話をされるのは重たく感じる原因に…。なかには元カレの話まで話す女の子がいますが、これから付き合おうとしている相手に元カレの話はNGです。

逆の立場に立ったときに、きっと自分だって嫌な思いをするはず。過去につらい経験をしていても、話すのは正式にお付き合いすると決まってからでも遅くはないでしょう♩

デートや付き合うのを急ぐ

好きな人と一日でも早くカップルになりたい。そんな思いが強くなると、デートや付き合うのをとにかく急ぎたくなります。彼から返信が途絶えるだけでソワソワし始め、連絡がしばらくストップすると涙が出てくるほど感情が不安定に。急ぎたくなる気持ちも理解できますが、急いでも失敗するだけ。

時間がかかったとしても本当にお互いが運命の相手なら、自然な流れで付き合うことになります。デートの間隔も必要以上に短くすると、相手はすぐに疲れてしまうかも。

あくまでもお互いがひとりの時間を大切にしながら、都合が合ったときにデートをするだけでいいんです!

 

恋活に連敗中なら、きちんと失敗の原因を分析すること。なぜ失敗しているのか分からないままアプローチしていても、同じ結果が繰り返されるだけなんです。今度こそ正式にお付き合いできるように反省点を書き出したり、友だちにアドバイスしてもらいながら新しい恋に向けて準備を進めておきましょう♡


構成・文/山口 恵理香