ついに梅雨入り!雨の日しかできない”おうち時間”の楽しみ方

梅雨に入って雨の日が多くなり、気分もダウン。予定していたTODOリストも放置して、ふて寝しちゃったり。そんなときこそ、おうち時間を丁寧に過ごしてみませんか? 雨の日だからこそできる、おうち時間の楽しみ方アイデアをご紹介します。


窓を少し開けて雨の音を聞きながら読書をする

雨が降っていてもあえて窓を開けて、雨の音を聞きながら読書をすると心が落ち着いてきます。雨や水流の音はヒーリングミュージックとして採用されているほど。心を落ち着かせるためにはちょうどいい音になるんです。

雨の量によってはもちろん窓を開けている場合ではありませんが、外の様子を見ながらほんの少し開けられそうだったら換気のためにも少し開けておきましょう。ぽたぽたと落ちる雨の音を聞きながら、将来について考えたり、本を読んだり、手帳を作ったり…。雨の日だから楽しめるおうち時間の過ごし方です。

低気圧による不調があるなら無理をせず横になる

低気圧になった途端に体の調子がおかしくなる人も多いのでは? そんなときは無理をするよりも、自宅で安静に。今日やるべきことをすでに終えているなら早めに仕事や勉強を終えて、横になりましょう。いつものスピードで一日を過ごせなかったことを後悔したくなりますが、体調不良だけは誰のせいでもありません。低気圧が過ぎるまでは、ほんの少し休んでいましょうね♩

足湯をしながら雑誌やスマートフォンで情報収集タイム

雨の日は体が冷えやすくなりますから、足湯はいかがでしょう? その日の調子に合わせてアロマ精油を選び、お湯に混ぜる。香りと温かさを感じながら雑誌を読んだり、スマートフォンで情報収集している時間は贅沢なひと時です♡

おうち時間が長いと足もむくみやすいはず。体調的に通常の入浴が難しいときも足湯だけでも入ると体がポカポカします。

 

空も暗く雨も降っているけれど、いつもの自分らしさを忘れてはいけません♡ 雨の日は、いつかは終わります。再びお日様が出るまで雨の日ならではのおうち時間の過ごし方を楽しみましょう。

体調がつらいときは、無理をせず早めに休むことを自分自身に許可してあげてくださいね♩


構成・文/山口 恵理香