ほったらかしで完成!-炊飯器でできるサラダチキン-

サラダチキンはダイエットの強い味方。コンビニやスーパーでも手軽に買えますが、実は簡単におうちで作れます。

このレシピは炊飯器のスイッチを入れれば、あとは完成を待つだけ。
鶏むね肉はパサつきやすいですが、じっくり加熱することでしっとり仕上がります。そのままでもちろん、サラダのトッピングやサンドイッチの具にもおすすめです。

■炊飯器でできるサラダチキン

  • 炊飯器には「お湯」を入れます。水ではないので注意。
  • 保存袋に入れた後はしっかり空気を抜きます。
  • 保存する際はオイルごと密閉できるタッパーなどに入れておきましょう。

<材料> (作りやすい量)

鶏むね肉 1枚(350g

オリーブオイル 大さじ2

A

塩 小さじ1

こしょう 少々

砂糖 大さじ1

<作り方>

1 鶏むね肉の皮は取り除く。フォークで数か所に穴を開け、Aをすりこむ。耐熱用保存袋に鶏肉をいれたら、オリーブオイルを加えてなじませる。保存袋の空気をしっかりと抜いて口を閉じる。

2 炊飯釜に1を入れ、全体が浸るくらいのお湯を入れたら、90分「保温」する。

3 鶏肉の中央を指でさわって、しっかり弾力があれば芯まで火が通っている証拠。少し柔らかい場合は加熱時間を増やす。2の粗熱が取れたら、食べやすい大きさに切り、皿に盛る。

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。
レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食にまつわる様々な活動をしている。

SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐にわたる。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:@Linasuke0508

料理・写真/河瀬璃菜