市販のタレで超時短! -作りおきできる! 鶏むね麻婆麺-

いつもの麻婆豆腐の豆腐を鶏むね肉に替えると、たんぱく質をたっぷり含む高栄養なひと皿になります。

市販のたれを使えば、調味料を計る手間も混ぜる時間もぐっと短くできて、しかも本格的な味を楽しめます。

鶏むね肉の麻婆は多めに作っておけば、作りおきもできます。

作りおきするときは密閉できる容器に入れて、冷蔵で3日程度を目安に食べ切ります。

■作りおきできる! 鶏むね麻婆麺

  • 市販の焼き肉のたれを使えば、いろいろな調味料を揃える必要がありません。
  • 辛いものが好きなら、ラー油はたっぷりかけて。
  • あれば花椒をふると、もっと本格的な味わいに!

<材料 作りやすい分量

鶏むね肉・・・200g

なす・・・1本

ラー油・・適量

白髪ねぎ・・・適量

中華麺(ゆで)・・1玉

片栗粉・・・小さじ2

【A】

焼肉のタレ(辛口)・・・・大さじ3

鶏がらスープの素・・・小さじ1

水・・・150㎖

にんにく(すりおろし)・・・1かけ分

生姜(すりおろし)・・・1かけ分

<作り方>

1. 鶏むね肉は2cm角に切り、片栗粉を揉み込む。なすは2cm角に切る。

2. 耐熱ボウルになすとAを入れ、ふんわりとラップをかけたら、600wのレンジで4分加熱する。

3. 2に鶏むね肉を入れ、ラップをし、さらに3分加熱する。

4. 中華麺を袋の記載通りにゆで、器に盛る。3をかけ、ラー油と白髪ねぎをかける。

※おろしにんにくチューブやしょうがチューブを使う場合は、各小さじ½を使います。

※白髪ねぎは、ネギを5㎝ほどの長さに切り、ねぎの芯と外側の白い部分に分けます。白い部分だけを繊維にそうように千切りにして作ります。

【作りおきの注意点】

・調理器具、保存容器、手を清潔にする。

・取り分ける際は清潔な箸を使う(口につけたものは使わない) 

・保存容器はしっかり蓋がしまるものを 使い、冷めてから蓋をする

・味付けを少し濃いめにする。

・食材には火をしっかり通す。

・水分をなるべく飛ばす。


河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。
レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食にまつわる様々な活動をしている。

SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐にわたる。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:@Linasuke0508

料理・写真/河瀬璃菜