超簡単ギャザーで大変身! いらなくなった服を可愛くリメイク♡

おうち時間はいかがお過ごしでしょうか? きっと洋服の断捨離をした方も多いはず。そこで今回は、着なくなった服のリメイク方法をご紹介します! ギャザーの寄せ方をマスターして、お気に入りの1着を作ってみよう♡


・ギャザーを使ったリメイク例・

 

\Let’s challenge/

用意するもの

・リメイクしたい服(Tシャツ、シャツなど)
・ミシン
・裁縫道具(針、糸、はさみ、まち針)

 

▼ ▼ ▼

今回リメイクするのは…チェックシャツ!

メンズのLサイズシャツを選びました! 着てみるとダボっとしていて、お尻が隠れるくらいの丈感。このシャツの裾部分に切り替えでギャザーを付けていきます。

 

リメイクに適したお洋服を選ぶポイント!
★サイズ
大きめのものをオススメします!
材料が1枚の服だけでリメイクが成立します。それに、ダボっとしたものだと多少の失敗ならごまかせるので、初めて挑戦するにはもってこい。

★素材
今回使うシャツやTシャツなどの、ほつれにくいものがオススメです!
つるっとしたサテンや分厚い生地のデニム、編み目のほつれやすいニットなどは少し縫いづらいので避けましょう。


HOW TO REMAKE

1_カットする

実際に着てみて、ギャザーを付ける位置を決めます。お好みですが、今回はだいたい胸下あたりに印をしてカットしました。
★「丈を短めにする」「脇の方に向かってカーブするようにカット」の2点を気をつけながらカットしました。いちばん緊張する作業ですが、思い切りが大事です!

 

2_裾(切り替えのギャザー部分)を作る

.カットした裾部分を、さらに真ん中でカット。身頃を上下(AB)に分けます。
. Bのボタンを開けて広げ、真ん中で縦に半分にカット。(写真は、半分に折ったもの)
. Aも同じようにボタンを開けて広げます。 片方の裾を裏側に折って縫います。 縫い代は、5mm~1cmくらい。
. BABの順に並べます。それぞれの布を縫い合わせ、1枚の布にします。(写真では、 A が長すぎるため省略してあります。)
.ギャザーの量を均等に調整するため、ここで下準備をします。4でABをつなげた、3で裾を縫っていない部分と、元のシャツに4〜8等分の目印を付けます。
.それぞれの長さを4〜8等分した位置に、印として5mmの切れ込みを入れます。

 

3_ギャザーを寄せる

.ミシンを使い、大きめの針目で2本(端から7mm~1cmのあたり、縫い代の真ん中のライン)縫います。
★ 5mm~1cmくらいのなみ縫いで代用可能!
.ギャザーを寄せていきます。
★下糸2本を一緒に引っ張ります。 ギャザーを寄せた裾とシャツの裾が、同じ長さになるように合わせて糸を結びます。
.ギャザーの縫い代部分に上から押すようにアイロンをあて、落ち着かせます。この一手間で格段に縫いやすくなります!
.2_裾(切り替えのギャザー部分)を作るの5でつけた目印の切り込みの位置を合わせ、中表(生地の裏側が上になる)にしてまち針を刺します。
★まち針はたくさんとめた方が失敗が少ないので、印以外にもバランスを見てまち針を刺しましょう。

 

4_縫い合わせる

中表にした状態でミシンで端から端まで縫っていきます。 ギャザーを寄せた部分が上にくるようミシンにセットします。 ギャザーを整えながら、慎重に縫っていきましょう!
★大きめの針目から、普通地用の針目に直してから縫うこと!

 


完成!

FRONT
BACK

こんな感じに仕上がりました! ギャザーを寄せてリメイクことで、カジュアルなチェックシャツが女の子らしい印象に大変身♡  シャツ1枚でできるから材料も少なく、ちょっとした小技でとってもかわいいシャツに大変身。 最初はなかなか思うようにできないかもしれませんが、慣れれば簡単にできちゃいます◎  袖は、切っても切らなくてもOK! 好きなようにカスタマイズしてみては…?

 

構成・文/大西美音