社会人一年目は別れやすい!? 慣れない日々でも二人で乗り越えられるコツ

社会人一年目は大変な時期。新しい環境に適応しなければいけないし、人間関係も再び築きあげなければいけません。お互いに社会人一年目なら忙しいのも大変なのも同じ。忙しくても「思いやり」だけは忘れないように気をつけましょう。


あえてデートの頻度を下げ、ひとりの時間をつくる

社会人一年目はとにかく周りを見渡す余裕がありません。自分なりに彼に対して気を遣っているつもりでも彼からしてみると、いつもイライラしていたり、雑な対応をしているように見えている可能性もあります。そんな明らかに二人ともピリピリしているなら、あえてデートの頻度を下げる作戦があります。

ひとりの時間をつくり、これからについてゆっくり考えるのです。落ち着くまでお互いにイライラモードになるのは仕方がないんですよね。誰のせいでもありません。距離感を改めて見直すことでバランスがとれるようになります。

お互いに疲れているなら直前であってもデートは延期する

デートの前日までは予定通り楽しむつもりでも、仕事が終わった途端に気が緩み、急にテンションが下がってしまうときも多々あります。彼に会うのは楽しみだけど、日頃の疲れが蓄積されて身体が重たいなら無理をする必要はありません。

ただしデート直前で断るときは慎重に言葉を選ばないと、相手が勘違いします。あくまでも彼に会いたくないのではなく、疲れをとるためにデートを延期したいということを丁寧に伝えましょう。お互いに疲れているのに無理やりデートをしても今はさらに疲れちゃうかも。

無理にお出かけしなくていい

お互いに会いたいけれど外で出かけるだけのエネルギーが残っていないなら、どちらかのお部屋に集まりおうちデートを楽しむのもありです♡ カフェに行ったり、食事に行ったりする時間も大切ですが、おうちデートならではの楽しい過ごし方もあります。

リラックスした状態で映画を観れますし、二人仲良くお昼寝する時間も幸せですよね。二人で相談しながら、そのときの調子に合わせて柔軟にプランを練り直しましょう。休日とはいえハードに動きすぎると翌週の仕事に影響します。

 

社会人一年目は仕事とプライベートのバランスについて何度も考えさせられる時期です。自分のことだけで精一杯になり、ときには相手を傷つけることもあるかもしれません。今は忙しいですが、いつかは落ち着く時期がきます。それまであともう少し「思いやり」を忘れないように気をつけながら、彼と一緒に乗り越えてまいりましょう♡


構成・文/山口 恵理香