食事でストレスを解消しよう! ―クレソンとしらすの混ぜご飯―

新型コロナウイルスが世界中に広がる中、日本でも多くの人が在宅を余儀なくされている状況です。そんな中、よく耳にするのが「ずっと家にいてイライラ、鬱々することが増えた」「ついつい食べ物に手がいってしまい、いつも以上に食べてしまう」など。いつもと違う状況にストレスを感じている方が多いと思います。

薬膳のベースとなる中医学では、肝臓がストレスを受け止める臓器と言われ、ストレスを感じているときは、肝臓の不調により気の巡りが悪くなっている状態です。よって、こんな症状を感じる方は、肝臓を整えて気の巡りを良くする食材を意識して食べてみてください。

家にいる機会が多いと、食事も家ですることが多くなると思います。こんな時だからこそ、食事に意識を向けてみてはいかがでしょうか?

食べたもので体は作られているということをより実感できると思います。

肝臓を整えて、気の巡りを良くする食材
春菊、セロリ、クレソン、しらす、ピーマン、しそ、梅干し、玉ねぎ、柑橘類、いちご、ジャスミン茶、レモングラスetc

間食が増えたという方は、我慢をすると余計ストレスが溜まってしまうので、ジャスミン茶やレモングラスなどのハーブティを飲んだり、柑橘類を食べると良いですよ!

クレソンとしらすの混ぜご飯

 

<レシピ2人分>

ご飯 茶碗2杯分
クレソン 20g
しらす(ちりめんじゃこでも)70g
ごま 小さじ1~2
ごま油 小さじ1
小さじ1/4 (味をみて調整してください)

<作り方>

1.クレソンは細かく刻む

2.ご飯をボウルに入れて全ての材料を入れ、混ぜ合わせたら出来上がり

*器に盛って食べても、おにぎりにしても美味しく頂けます!

 

 

 

 

写真・構成・文/宮本春奈


■宮本 春奈
薬膳教室「enna kitchen」主宰
薬膳フードデザイナー

熊本にて薬膳料理教室やイベント、資格講座を開催。
普段の生活に気軽に取り入れられる薬膳を提案しています。
HP:https://ennakitchen.amebaownd.com
Instagram:@ennakitchen_haruna