簡単なのに凝って見える! 刺繍と合わせて使いたい「リボン刺繍」って知ってる?

ハンドメイド好き必見! ぷっくりとした立体感が可愛い「リボン刺繍」をご存知ですか? 糸で行う刺繍をリボンに変えるだけで、とっても可愛いモチーフができちゃうんです♡
「おうち時間を有効活用♡ 可愛くできる超カンタン刺繍の基本」と合わせて使うのがオススメな簡単ステッチ術をご紹介します!


・リボン刺繍を使った作品例・

 

\Let’s challenge/

用意するもの

・刺繍をしたい布やバッグ
・リボン 柔らかくてしなやかなものがオススメ
・リボン刺繍用の針(刺繍針) 針穴が大きい針であればOK
・はさみ

★お好みで刺繍糸やビーズを合わせて使っても可愛い♡

 

▶︎刺繍をする前の下準備

.針にリボンを通し、端から1.5cmくらいのところをリボンの真ん中めがけて刺します。

.上に向かって針を引っ張り、リボンを貫通させます。
.端から 1.5cm の部分をしっかり持ちながら、針がついているほうのわっかを引っ張って大きなわっかにします。
.再び 1.5cm のところをしっかり持って、リボンの長い部分を引っ張ります。
リボンと針を固定することができました。
.ここから玉結びをします。
針のついていないほうの端から1.5cmくらいのところをリボンの真ん中めがけて刺す。
.貫通させ、そのまま引っ張ります。

1.5cm のところを持ち、やさしく引っ張ります。
★引っ張りすぎず、ゆるっと丸まっているくらいでOK!

玉結びの完成!
★どうしても難しければ、かた結びでもOK

 

 

刺繍と合わせて使いたいステッチ3選

▶︎ストレートステッチ
向いているモチーフ:大きな花、葉

.裏から針を刺します。
.出てきたリボンをゆったりと置きます。
. 1ところから約1cmくらいのところをリボンの上から真ん中めがけて刺します。
.裏に出したリボンをやさしく引きます。
リボンの引っ張りすぎに注意。少しふんわりとした状態がベスト!このステッチを円状や縦並べることで、花や葉になります!
.裏返して、ゆるく固結びをしたら0.5~1cm のところでカットして完成。

 

▶︎フレンチノットステッチ
向いているモチーフ:花の中心、小さな花

.裏から針を出します。
.布から出ている方のリボンを針に1~3周ほど巻きつける。(この写真は3回)
★巻きつける回数は、花の大きさに合わせて変えるとバランス◎
.針にリボンを巻きつけたまま、1のすぐ横に刺して引っ張ります。
★裏のリボンに刺さると針が抜けにくくなるため、避けて刺しましょう。
.裏返して、ゆるい固結びをしてカットして出来上がり!

 

▶︎なみなみステッチ+ビーズ
向いているモチーフ:花

.裏から針を出します。
.表に出てきたリボンを、少し折り返します。
. そのまま何度かリボンを重ねて折って、指で上から押さえます。
. 重ねた部分の真ん中をめがけて、針を刺して裏側で留めます。
★少しゆとりを持たせておくのが、ポイント。
.リボン刺繍が出来上がったら、ミシン糸や刺繍糸がついた針に持ち替え、裏から真ん中に針を通します。
.針にビーズを通し、また裏に向かって針を刺してビーズを固定して完成。

 

・組み合わせて使いたい刺繍ステッチ・

・アウトラインステッチ
・レゼーデイジーステッチ
・フェザーステッチ

▶︎詳しいやり方はコチラ


糸で行う刺繍だけでなく、
リボン刺繍についても知っておくことで
みんなと違った作品に!
ぜひ試してみてくださいね♡

 

構成・文/大西美音