おうち時間を有効活用♡ 可愛くできる超カンタン刺繍の基本

ハンドメイドが好きな人なら、マスターしたい「刺繍」。バッグや小物に自分の好きな模様をステッチできたら、手作りの幅がぐっと広がります! おうち時間がたっぷりある今、挑戦してみてはいかがでしょうか?
今回は総集編! 可愛くて使える、ステッチ7つをまとめてご紹介します♡


・刺繍を使った作品例・

 

\Let’s challenge/

用意するもの

・刺繍をしたい布やバッグ
・刺繍糸 刺繍糸がなかったら、ミシン糸でもできます!
・刺繍針 針穴が大きい針であればOK
・刺繍枠 あってもなくても◎
・はさみ
・チャコペン

★お好みでリボンやビーズを使っても可愛い♡

 

▶︎刺繍をする前の下準備

.刺繍糸をカットします。長さは指の付け根〜肘を目安にカットすると刺繍しやすいです。
刺繍糸は、糸6本で1つの束になっていることが多いため、割いて使います。
2本ずつ or 3本ずつとって刺繍をするのが一般的。3本取りにすることでより立体感が出ます。
.針に2、3本を一気に通して準備完了!

★刺繍糸がない人は、ミシン糸を2、3本まとめて使うことで代用できますよ。

 

可愛い&使えるステッチ7選

▶︎レゼーデイジーステッチ
向いているモチーフ:大きな花、葉

.裏から針を刺します。
.そのすぐ左隣に針を刺し、花びらを作りたい方向に針を出します。
.布から出ているほうの糸を、針と布の間に引っかけます。
.そのまま針を引っ張って糸を抜いたら、布から出ている糸のすぐ上に針を刺します。
.糸を抜いたら、これでひとつ花びらが完成。 すぐ横から針を出し、他の花びらも同じように刺していきます。
.一周したら、こんな感じ。 真ん中に穴を開けておき、フレンチノットステッチ(下記参照)を入れるとより花らしくなります。裏返して玉結びをしたら花びらの完成!

 

▶︎フレンチノットステッチ
向いているモチーフ:花の中心、小さな花

.裏から針を出します。
.布から出ている方の糸を針に1~3周ほど巻きつける。(写真は3回。)
★巻きつける回数でボリューム感が変化します。
.針に糸を巻きつけたまま、1で針を出した位置のすぐ横に刺して糸を引きます。

 

▶︎アウトラインステッチ
向いているモチーフ:花の茎

.花のモチーフのすぐ下から針を出します。
.青丸の部分に針を刺したまま、赤丸の部分から針を出し、糸を抜きます。
. 2を繰り返して1本の線状にします。

 

▶︎バリオンローズステッチ
向いているモチーフ:花(バラ)

.裏から針を出します。
. 5〜6mm離れたところ()から、裏から出た糸のすぐ横()に針を刺します。
.針に糸を巻きつけ、下の方にきゅっと寄せておきます。 巻きつける目安は7~8周分くらい。 (②の幅と、寄せたときの糸の幅が同じだとバランスがベスト。)
.青丸の部分を軽く抑えながら、写真のような状態になるまで針を引き出します。
.針を反対方向に倒し、糸のたるみをなくしましょう。
.最後に、青丸の部分に針を刺して裏で玉留めして完成!

 

▶︎フェザーステッチ
向いているモチーフ:葉、細い茎

.裏から針を出します。
. 1の左横(図中)に針を刺したら、糸を下に引っかけながら写真のようにもう一度針を刺して(図中)Y字をつくります。
.次は、右側から左右反転したような感じで刺していきます。2と3を繰り返し、好きな長さまでできたら完成!

 

▶︎バックステッチ(細かめ)
向いているモチーフ:文字、ライン

.縫いたいラインの端から2、3mm内側のところから針を出します。
.端に針を刺し、そのまま糸が出ているところから2、3mm離れているところに針を刺します。
. 2を反対側の端まで繰り返します。
★短い線をつなげて、長い線にしていくようなイメージ。
.端まできたら、写真のように刺して出来上がり。

 

▶︎サテンステッチ
向いているモチーフ:色の面積が多いモチーフ

.裏から針を出します。
★モチーフの中で、いちばん距離が長いところから始めるとバランスが取りやすい!
.真下をめがけて刺します。
. 1のすぐ横に裏から針を出し、隙間ができないよう、青い矢印の方向に刺していきます。赤い矢印の方向に進みましょう。
.半分終わりました! もう半分も3のように進んでいったら出来上がり!

 


7つの技法を知っておけば
たくさんのアレンジが簡単にできる!
ぜひ試して見てくださいね♡

 

構成・文/大西美音