<本当においしいパン屋さん>自家栽培した厳選食材を使用「空と麦と」

mer編集部が厳選した、都内でイートインができる穴場のパン屋さんをご紹介する<本当においしいパン屋さん>連載。第2回目は恵比寿にある「空と麦と」に取材してきました!

原材料にこだわり抜いた至極のパンに注目「空と麦と」


今年で創業7年目を迎える「空と麦と」。老若問わず人気で、2019年度「食べログ パン百名店」に選ばれるほど大人気のパン屋さんです。
そのひみつは、パンの原材料。


「よつ葉のバター、国産小麦、天日干しの海の塩、オーガニックシュガー……業務用の材料は一切使っていません。パンの学校では生地が使いやすくなるからと添加物を入れるのを推奨することもあるのですが、『空と麦と』では自分が食べたいものだけを使ってつくるよう心がけています。私自身も原材料を自家栽培すべく、農業をやっているんですよ。最近では小さなお子様や妊婦さんもいらっしゃるので、より気をつけるようになりました」と語るのは、オーナーシェフの池田さよみさん(以下、池田さん)。

▲ヨーロッパやアメリカ農家の納屋をイメージしたという内装もお洒落!

パンの種類は約2〜30種類。12:00〜13:00頃が一番パンの種類が揃っているとのこと。なくなり次第閉店してしまうこともあるので、早めに訪れるのが吉です!

おすすめパンは「パン・ド・ミ」「ブリオッシュ」「明太子パン」

パン・ド・ミ(写真奥)、ブリオッシュ(写真手前左)、明太子パン(写真手前右)コーヒー豆は中目黒「CAFE FACON(カフェ ファソン)」のものを使用


バターと蜂蜜でしっとり食感に仕上げた「パン・ド・ミ」は小麦本来の味わいが楽しめる食パン。噛みしめるたびにじんわりと甘みを感じます。

「ブリオッシュ」は、平台で育てた鶏が産んだ卵を使用したマフィン。ふわふわ食感と絶妙な甘さのバランスが◎。


「明太子パン」は、甘酒と昆布だしの自家製調味液に漬け込んでつくった明太子が特徴。塩気が控えめで、明太子をふんだんに使用していながら飽きずにぺろりと食べられてしまいます。

他にも黒豆パン、サンドイッチ、タルティーヌなどのお食事系パンがおすすめなのだそう。

厳選食材を使用したパンは、どれもこだわりがひとしお。スタッフの方も「本当に美味しくて」と笑顔で語る様子が印象的でした。一度食べれば虜になってしまうこと間違いなし。ぜひ訪れてみてくださいね。

【SHOP INFO】

「空と麦と」

  • 住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2丁目10−7 YKビル 1階
  • 営業時間:10:00〜19:00(※パンが売り切れ次第営業終了)
  • 定休日:日、月

写真・文・構成/高橋まりな