年末年始の食べすぎ、飲みすぎに! 疲れた胃腸に効くレシピ ―あさりのお粥―

食べ過ぎや飲み過ぎで後悔しがちな年末年始。日常の生活が始まったものの、なんとなく感じる胃もたれや体の重だるさ。

そのまま新年会でまた飲みすぎ、食べすぎ・・となる前に、疲れた胃腸を一度整えましょう。

 

疲れた胃腸をリセットするには・・

お酒は体に湿気と熱をこもらせます。

まずは溜まった湿気と熱を体から出してあげることが大切です。そのためには肝を整えて、水分代謝を良くすることが大切です。

また食べすぎて胃が重い方、お腹を壊してしまった方は、消化を整えてあげることが大切です。できれば、胃を休める意味で食事を減らすのも良いでしょう。

食材の効能

湿気と熱をとる食材・・あさり、緑豆、もやし、セロリ、グレープフルーツ、トウモロコシのひげ・・etc 

肝を補う食材(巡りを良くするもの)・・セロリ、ネギ、ピーマン、菊花、春菊、ジャスミン茶、ウコン、クレソン・・etc

消化を整える食材・・大根、白菜、山芋、カリフラワー、レンコン、ブロッコリー、ハトムギ、お粥、白湯・・etc

 

―疲れた胃腸を整える あさりのお粥―

<2名分>

1
あさり 200g
白菜(葉の部分) 1
小ネギ 適量
昆布だし 500ml〜(多めに準備する)
酒 大さじ2
太白ごま油 小さじ1
塩 適量

作り方

    1. お米は洗ってザルに上げておく
    2. あさりは砂抜きし、耐熱皿に並べ酒をふりラップをかけて2~3分レンジで加熱する
      口が開いたら蒸し汁と身に分けておく
    3. 白菜は細かく刻む
    4. 鍋に昆布だしと2の蒸し汁を入れ沸騰したら1を入れる
      再び沸騰したら太白ごま油を入れて、時々混ぜながら柔らかくなるまで煮る(2030分程度)
      *汁気が足りなくなったら、出汁を足しながら煮る
    5. 米が柔らかくなったら、2のあさりの身と3を入れる
    6. 白菜に火が通ったら塩で味を整えて、しばらく蒸らす
    7. 器に盛ったら、細かく刻んだネギを添えて出来上がり

     

    写真・構成・文/宮本春奈


    ■宮本 春奈
    薬膳教室「enna kitchen」主宰
    薬膳フードデザイナー

    熊本にて薬膳料理教室やイベント、資格講座を開催。
    普段の生活に気軽に取り入れられる薬膳を提案しています。
    HP: https://ennakitchen.amebaownd.com
    instagram: @ennakitchen_haruna