スコーンがおいしいとっておきカフェVol.5「SHOZO COFFEE STORE北青山店」

都内で特別なスコーンが楽しめるお店をmer編集部がピックアップしてご紹介。第5回目は北青山にある「SHOZO COFFEE STORE(ショウゾウコーヒーストア)北青山店」に伺いました。

「忙しい毎日の中でほっと一息つける場所」をコンセプトにつくられた同店は、こだわりのグッズや焼き菓子が並ぶ温かな雰囲気が魅力。早速ご紹介します。

白とグレーを基調にしたクリーンなインテリア

本店の栃木・那須高原に拠点を置くコーヒーショップ「1988 CAFE SHOZO」。「カフェの聖地」とも呼ばれ、都内からも足繁く通うファンがいるほど絶大な人気を誇るお店です。

そんな同店が東京にオープンした2号店が「SHOZO COFFEE STORE(ショウゾウコーヒーストア)北青山店。(※1号店は「SHOZO COFFEE STORE COMMUNE246」)


店内は、「1988 CAFE SHOZO」のエッセンスはそのままに、白とグレーを基調としたクリーンな雰囲気。あえて大小さまざまなサイズの照明を並べることで、存在感を際立たせています。

テラス席はウッディな雰囲気。特に、晴れた日は気持ちよく陽が差し込みます。


水出しアイスコーヒーの仕込みに使用する機器を眺めたり、店内に数冊置かれた本をぱらぱらとめくりながらのんびり過ごすのも至福のとき。

「ゆっくり時間を過ごすときにさりげなく手に取れるものがあればと思い、さまざまなジャンルのものを置いています」(マネージャー・松本海央さん、以下松本さん)

やさしい味が広がるスコーンはこだわりの珈琲豆を使用したカフェオレと共に

一押しメニューは「スコーンとジャムクリーム」(420円)。中はしっとり、外はサクサクの絶妙な食感です。果実がぎっしり詰まったジャムと生クリームを合わせていただくのがおすすめ。口に入れるとほろほろと素朴でやさしい味が広がります。

テイクアウトもできるので、自宅でもカフェの味が楽しめるのが嬉しい。


そんなスコーンに合わせるのは北海道の「斉藤珈琲」で焙煎しているコーヒー豆をベースにした「カフェオレ」(Sサイズ・480円)ミルクたっぷりで飲みやすい味わいなのでコーヒーが苦手な方にもおすすめなのだとか。

「スコーンはスタッフも太鼓判を押す人気商品。ティータイムに楽しんでいただきたいです!」と語る松本さん。

幅広い世代の方が訪れ、最近では海外のお客様も増えてきたとのこと。心がほっとする接客に、その理由もうなずけます。ぜひ足を運んでみてくださいね。

【SHOP INFO】

SHOZO COFFEE STORE(ショウゾウコーヒーストア)北青山店

  • 住所:東京都港区北青山3丁目10-15-1F
  • 営業時間:9:00〜18:00、土・日・祝日は11:00~18:00
  • 定休日:火曜日

写真・文・構成/高橋まりな