スコーンがおいしいとっておきカフェ Vol.4 高円寺「カフェ分福(ぶんぶく)」

都内で絶品スコーンが堪能できるお店をmer編集部がピックアップしてご紹介。第4回目は高円寺にある「カフェ分福(ぶんぶく)」に伺いました。

「パリの路地裏カフェ」をコンセプトに、オーナーの永妻亜矢子さん(以下永妻さん)自ら買い付けた雑貨や器たちが彩る空間は、まるで好きなものがたくさん詰まった宝箱のよう。そんな同店のこだわりに迫ります。

海外ヴィンテージを、ひとつひとつ。異国情緒漂うインテリア


もともと20年近くカメラマンの仕事をしており、世界中を飛び回っていた永妻さん。日本茶インストラクターの資格を取得していたこと、料理や食べ歩きが好きだったことも重なり、かねてから挑戦したかったカフェを始めたのだとか。


家具はさまざまな年代の海外ヴィンテージを買い付け。中には学校で使われていた筆跡が残ったテーブルなどもあるのだそう。ひとつひとつの「物」を通し、まるで異国の誰かと交流をしているような気分になりますね。

素材や品質にこだわり抜いたスコーンを、種類豊富な紅茶と共に

一押しメニューは「イングリッシュスコーンセット」(550円)。

「素材や品質の良さがダイレクトに出て美味しさに繋がるので、材料選びにはこだわっています。バターは、いくつか試して、コクとさっぱり感のバランスがちょうど良い高千穂の『クラシックバター』に落ち着きました。他にも4種類の粉を使用していますが、こちらは企業秘密です(笑)」(永妻さん)

外側はサクサク、中はしっとりのバランスが取れた食感。ちょっぴり効いた塩気もアクセントに◎。

生クリームとクロテッドクリームを選べますが、今回はクロテッドクリームをチョイス!クリーミーな味わいで、スコーンとの相性抜群です。ブルーベリージャムも付いてくるので、飽きることなく食べられます。

今回いただいたのは「アールグレイ」(700円)。天然ベルガモットの香りでリフレッシュ!

 

他のメニューを見て驚いたのが、何と60種類以上あるというドリンクメニューの豊富さ。

「『気分を変えてリフレッシュしたい』という方のためにも、選ぶ楽しみを味わっていただけるようなラインナップを意識しています。”ダージリンティー”ひとつとってもさまざまな種類があるので、来ていただいた方の世界が広がったら嬉しいです」(永妻さん)

ちなみに、可愛い食器はヴィンテージや作家さんのものを使用しているそう。他店ではなかなか見かけないようなこだわりの一品ばかりです。「使う器を変えるだけで、いつも食べているごはんが少しだけ美味しく思えたり、豊かな気持ちになれます。その醍醐味を感じていただきたいですね」(永妻さん)

「お客様にとって、今まで知らなかった物や食事、飲み物との出会いがあり、何かに興味を持ったり、新しい出来事が始まるきっかけとなる場所であれたら」と語る永妻さん。

永妻さんが訪れた国でインスパイアされた期間限定のメニューが展開されていることもあるので、見逃せませんよ!

自分とゆっくり向き合う時間を過ごすのにもぴったりなカフェ。ぜひ足を運んでみてくださいね。

【SHOP INFO】

「カフェ分福」

  • 住所:東京都杉並区高円寺南3-23-18-1F
  • 営業時間:11:30〜22:30(L.O.22:00)、日曜・祝日は~18:30(L.O.18:00)
  • 定休日:月曜、第2火曜

写真・文・構成/高橋まりな