夏の疲れをデトックスするレシピ ~ごぼうとキノコの炊き込みごはん~


まだまだ残暑は続きますが、夏も終わりに近づき疲れが出やすいこの時季。なんとなくだるさを感じたり、気力がなかったり、食欲がなかったり…。夏の疲れは放っておくと、秋の不調にもつながるので要注意。

そして、単に疲れが取れないだけでなく、巡りの悪さから肌荒れや便秘、むくみなど女子にとって大敵な症状を引き起こしてしまいます。

冷たいものはなるべく控え、食材で体の熱を取ってあげることが大切。エネルギーを補い巡りを良くする食材を摂って、夏の疲れは夏のうちにデトックスしましょう!

■エネルギーを補うもの
山芋、米、イモ類、キノコ類、豆類、鶏肉、大豆、かぼちゃ、キャベツなど

■巡りを良くするもの
ネギ、ニラ、柑橘類、シソ、ミョウガ、セロリ、玉ねぎなど

■体の夏を冷ますもの
トマト、きゅうり、ごぼう、ナス、豆腐、ゴーヤ、スイカなど

ごぼうとキノコの炊き込みごはん

材料

4人分>

2

ごぼう 1/2

まいたけ 1パック

油揚げ 1/2

*だし汁 360ml

*醤油 大さじ1

*酒 大さじ1

*みりん 大さじ1

*塩 少々

万能ネギ(トッピング用)適量

作り方

1.米は研いでザルに上げておく

2.ごぼうは洗って、ささがきにし水にさらす

まいたけは石づきを落とし、食べやすい大きさに切る
油揚げは熱湯をまわしかけて油抜きし、半分に切って細切りにする

3.炊飯器もしくは鍋に1と2、*を全て入れて炊く

4.炊き上がったら器に盛り、小口切りにした万能ネギをトッピングして出来上がり

 

※今回の出汁は、昆布と鰹で取っています。(1リットルに対し、昆布10g、鰹15g)

 

写真・文・構成/宮本春奈


■宮本 春奈
薬膳教室「enna kitchen」主宰
薬膳フードデザイナー

熊本にて薬膳料理教室やイベント、資格講座を開催。
普段の生活に気軽に取り入れられる薬膳を提案しています。
HP: https://ennakitchen.amebaownd.com
instagram: @ennakitchen_haruna