一人で抱え込まないように♡ 社会人1年目の悩みと対処法

社会人1年目は右も左も分からない状態。仕事にも慣れないし、周りの人間関係に馴染むのも大変。新人さんだからこそ、ストレスを抱えこみすぎないように気をつけなければいけません。今回は、社会人1年目で悩みやすいこと・対処法をご紹介します。

ON/OFFがつけられない→小物で気分を切り替える

社会人1年目は、お休みに入ってもヘトヘト状態。疲れを引きずったまま、無理やり彼とのデートを楽しもうとしていませんか?
今よりもONOFFをハッキリさせたいなら「小物」で自分のモードを切り替えるといいかも♡ たとえば仕事のときは勝負カラーの赤のスマホカバーに。週末を迎えて、彼とデートをするときはピンクのスマホカバーに変えて、お出かけ気分を演出するんです。

 普段、持ち歩いているアイテムの雰囲気が変わるだけで、ほんの少しですが新鮮な気持ちになれますよね。

先輩と馴染めない→100%で受け止めすぎない

先輩や上司と反りが合わない場合、会社に行くだけで精一杯の状態に……。ただ先輩や上司から指摘されても、それが明らかに自分のスキル不足が原因になっているなら、感情的になる必要はありません。1回目のミスを繰り返さないように努力をしていれば、先輩や上司はそっと見守ってくれています。しかし、世の中には、好き嫌いだけで指導するパワハラ先輩や上司がいるのも事実です。

現状を改善しようと努力をしているのに、とくに理由もなく一方的に怒られているなら、いずれは別の部署・会社へと移ることも視野に入れていいかも…。

仕事を相談する場所がない→愚痴は職場とはまったく関係のない人に話す

社会人1年目は、誰もが大きな壁に当たってしまいます。どうしてもうまくいかないことだらけで、休日も寝て終わる。そんな日々に限界を感じ始めているなら、まずは職場の人以外に相談をしましょう。たとえば兄弟・姉妹がいるなら、相談をしてみる。今も実家で暮らしているなら親にも相談をする。学生時代からの友人たちにも相談をし、意見を聞いてみるんです。ただ、いろいろな人に意見を聞きすぎても、今度は自分がどうすればいいのか分からなくなってしまいますから、1~3人くらいにアドバイスしてもらうだけで十分でしょう。

 

社会人1年目は、誰もが思い悩む時期です。ひとりで何もかも解決しようとはせずに、周りにも相談しながら、ひとつひとつの大きな山を乗り越えていきましょう。きっと1年目が終わり、2年目に入る頃には、成長している自分に出会えますよ♡

 

構成・文:山口恵理香