古着コーデに合わせたい“レトロメイク”のつくり方

古着好き&古着に挑戦したい人必見!「ナチュラルなのに個性派コーデに負けないメイク方法が知りたい!」という声にお応えして、古着コーデを極める“えのちゃん”のメイク術を徹底解剖します。

古着が大好きだから、古着に似合うメイクがしたい!

古着を使った個性派コーデが人気を集めるmerienneのえのちゃんが、洋服に合わせたこだわりのメイクを伝授! 透明感たっぷりのレトロフェイスを作る秘訣は、 ・ベースと目元は色素薄めに ・チークは濃く! ・全体的にオレンジ で仕上げること。 なかでも、レトロ感を出すのに重要な、眉・チーク・リップのポイントメイクのやり方を紹介します。


eyebrow__眉毛は書かない!明るめカラーでふんわりナチュ眉に

【えのちゃん’s Favorite】 ①キャンメイク カラーチェンジアイブロウ ②ヘビーローテーション パウダーアイブロウ ◎眉の色が明るいと、顔全体も明るく見える!


★Step1★ まずは①の眉マスカラで眉毛の色を染めていきます。 ムラが出ないよう、眉の上→下へとブラシを動かして隙間なく。


★Step2★ 次に②のパウダーを重ねていきます。 顔の印象を明るく見せるため、2色を混ぜ合わせずあえて明るい方の色のみを使用するのがえのちゃん流。


眉頭→眉尻へとパウダーアイブロウを塗ります。 マスカラだけだと「塗っている感」が出てしまうので、パウダーを重ねてふんわり感を出すのがポイント!


マスカラとパウダーのダブル使いで、ナチュラル感のあるふんわり眉が完成! 眉は書くのではなく、軽く形を整えるだけ。 自眉を生かした適度な“ボサ感”がレトロな古着コーデにマッチします!


cheek__濃いめのチークがレトロメイクの命!

【えのちゃん’s Favorite】 キャンメイク パウダーチーク ◎オレンジ系の色みをしっかり乗せるのがポイント!


チークを入れるのは、目の下~思い切り笑ったときにあがる頬骨より上の位置。 目の下を中心に、丸くチークを入れていきます。


前は目の下にだけ濃く入れるのが流行っていたけれど、少し範囲を広げて楕円形に塗るのが今の気分!


頬の高めの位置に塗ることで、ぽわっと上気したようなチークに。 チークが濃いめだとレトロ感を強調できるので、薄くなりがちな人はしっかり入れることを意識してみて!


lip __ティントリップでじゅんわりジューシーな唇に!

【えのちゃん’s Favorite】 キャンメイク リップティントジャム ◎リップは発色重視!ティントタイプは食べても落ちにくいから便利!


ティントリップをしっかりと唇に馴染ませるように直塗り。 下唇→上唇の順ではみださないように丁寧に塗っていきます。


チークが濃い分、リップもしっかりと色づいていたほうがバランスが取れるんです。 真っ赤より、ジューシーなオレンジがレトロで可愛いからお気に入り!


ナチュラルで透明感のあるベースに、チーク&リップがアクセントになったレトロメイクが完成! まつ毛にオレンジ・イエロー・ブラウンのカラーエクステを仕込むなど、ファッション同様メイクにも徹底したこだわりを持つえのちゃん。 そんなえのちゃん流メイクを真似して、理想のレトロ顔を手に入れましょう!


撮影/桑名晴香