【編集しゃち子の簡単DIYレッスン】卵パックで簡単!節約おかずカップ作り

みなさんこんにちは!手作り大好き、しゃち子です!今回は、卵パックを使った「オリジナル・おかずカップ」の作り方をお届け♡ 1人暮らしをする上でやっぱり大切なのは、” 節約 ” ですよね。あれもこれもあったら便利だけど、買うほどでもない・・・そんなときは自宅にあるもので代用品を作っちゃいましょう!

今回作るのはこちら!【 卵パックで作るおかずパック 】

実は、私しゃち子も今年の春から上京して1人暮らしをしています。そんな私が休日にハマッているのは、できるだけ食費を節約するため、平日に食べられる冷凍食品を作っておくこと! その際に必要になるのは、おかずを小分けで冷凍するためのアルミカップ。でもちょっぴりケチな私はわざわざそんなものを買いたくない!なんて思い、このおかずカップを考えつきました。 ごみになるはずの卵パックなので使用後はそのまま捨ててもOK!節約のため、簡単にできるおかずカップと一緒に冷凍食品作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう?♡


♦ 作業Start ♦

まずは、時間がかかるおかず作りから先にスタート。私が今回作ったのは、「ひじきの煮物」! お弁当にもそのまま入れられる、万能タイプのおかずです。


使うものは・・・ ★ 卵パック(今回は6個入りのものを使用しました。) ★ マスキングテープ ★ はさみ ★ プラスチック製保存容器


ひじきを煮込んでいる間に、おかずカップを作っていきます。 はじめに行うのは、卵パックを上下で2つに切断すること!


そのまま切りすすめ、卵1つ1つが入っている部分を細かく分けて切っていきます。 (写真は卵パックがわかりやすいように、パックの部分のみ明るさを暗くしています。)


全て切り終わったら、一度洗剤でキレイに洗います。食べ物を入れるので、衛生面もしっかりチェック!


洗い終えたら、ふきんでしっかり拭いて完了。


私は、1日1日色分けすると可愛いのでマスキングテープで飾りつけをします。ここまでしなくてもいいという方は、この行程は省いてしまってもOK!


♦ おかずをIN ♦

煮込みが終わり、荒熱をとったおかずをカップの中に入れて行きます。


それをさらにプラスチック製の保存容器に入れて、準備完了!


蓋を閉めて、冷凍庫に入れます。


私は夜に行うことが多いので、朝起きればひじきの煮物の冷凍が完成しています。


食べるときはおかずパックから取り出し、ラップをかけてレンジで温めてください。 お弁当に使う際はそのままお弁当箱に入れると保冷剤の代わりにもなり、見た目も可愛いのでオススメ♡



品数の少ない夜ご飯に、おかず足したいときにも重宝できますよ♪


♦ こんな使い方もできちゃいます ♦

卵パックにも、実は様々な種類があるんです。写真のような古紙素材を使って、アクセサリーや自宅の鍵を入れるボックスにリメイクしても素敵♡


こちらも、お気に入りのマスキングテープで可愛くアレンジ!自分好みの小物入れがとっても簡単にできちゃいます! ぜひ、皆さんも試してみてくださいね 。


構成・文・撮影/池田神代子