「飲み物にシナモンを入れるだけ」自分でできるかんたん薬膳生活。

病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調をかんたん薬膳生活で整えみましょう。

そもそも薬膳とは・・

中医学の考えに基づき、今のご自身の体質や季節の特性を考慮して選んだ食材や生薬を使った料理のことです。 簡単に言うと、今のご自身の身体に必要なものを食べること。 「◯◯は身体に良い」と巷でその食材がブームになることがあります。 しかし薬膳ではそれが良いとは一概に言えません。 例えばヨーグルトは体に良いと言われますが、体を冷やし水分をためる作用があるので、冷えやむくみのある方ですとその症状を悪化させてしまいます。 まずはご自身の身体を観察し、今の自分に必要なものを見極めることが大切です。


今日のかんたん薬膳 ~いつものドリンクにシナモンを入れる~

少しずつ冬の訪れを感じるこの時季は、冷え対策が必要です。体を冷やすことで様々な不調が出てきます。 そんなこれからの季節にオススメのかんたん薬膳はシナモン(桂皮)です。 シナモンは体を内側からしっかり、そして末端まで温めてくれます。 即効性があるのも取り入れやすいポイントです。


【シナモンの特徴】 1. 体の中から末端まで温めてくれる 2. 発汗&デトックス効果 3. 胃の調子を整える 4. 毛細血管を広げて、お肌に必要な栄養を与えてくれる 【取り入れ方】 そんなシナモンを簡単に取り入れるには、普段の飲み物にひとかけ入れるだけ。 もちろんステイック状のものを入れても◎ 特に紅茶やホットワインは相性が良くオススメです! かんたん薬膳生活、ぜひ今日から取り入れてみてください。


写真・文・構成/建部春奈