理想のピアスを作れる♡ ハンドメイドアクセサリーの基本の「き」 〜大ぶりピアス編〜

ハンドメイドアクセサリーの魅力は、自分が欲しいと思う理想のアイテムを作れること。基本の手順さえマスターすれば、誰でも簡単に楽しむことができます!旬の大ぶりピアスの作り方、教えちゃいます♡

今回作るのは、大ぶりピアス

不揃いなパーツが可愛い、トレンドの大ぶりピアス。 ハンドメイドアクセサリーは、自分の好きなパーツを組み合わせて作れるところが魅力の1つです!


まずは道具の種類や使い方など、基礎知識をおさらいしましょう!→ハンドメイドアクセサリーの基本の「き」 〜お花モチーフ編〜

基本の動作を覚えよう

今回覚えるのは、Tピンや9ピンを丸める方法。 「お花モチーフ編」でレクチャーしたCピンの使い方と合わせれば、作れるアクセサリーの幅がぐっと広がります。


【1】好きなパーツをTピンに通します。


【2】ビーズに対して90℃になるように曲げます。


【3】7mm程度を残し、ニッパーを使ってカットします。


【4】ピンの端をヤットコで掴み、ヤットコを回しながらTピンの先を丸めます。


【5】おわり


ちなみに… ピアス金具と作ったパーツをCカンで繋げれば、パールのピアスが完成します。 繋ぎ目にリボンを結べば、ちょっとしたパーティーにも使えるピアスに!


大ぶりピアスを作ってみましょう!

必要な道具を用意します。 【要るもの】 お好きなビーズ、Tピン(パーツの大きさにもよりますが、長めのものを用意しましょう)、ピアスパーツ、Cカン


【1】ビーズなどのパーツをTピンに通します。


【2】ニッパーを使ってTピンをカットし、ヤットコを使って先を丸めていきます。


【3】作ったパーツとピアスの金具をCカンで繋げます。


完成! トレンドの大ぶりピアスは、なんとパーツをTピンに通すだけで完成しちゃうんです。 自分の好きなパーツで世界に1つしかないピアス作りに挑戦してみましょう♡


●応用編●

今の季節にぴったりなファーを使ったピアスも、 9ピンにパールを通し、パーツを作ってファーに繋げるだけで完成します。


9ピン→繋げる Tピン→止める(1番下のパーツに使う) この2点を頭に置き、基本の動きを覚えればたくさんのアクセサリーを作ることができます! 是非みなさんもハンドメイドライフを楽しんでくださいね。


文・構成/野島みちる  撮影/野島みちる、池田神代子