かんたん薬膳でお正月太りの体を整える!

女の子のための薬膳連載—お正月スペシャル版—。 今回は、年末年始にたくさん食べてしまい少し太ったかなと感じる方や、胃腸の調子がすぐれない方に知ってほしい体のこと、オススメのレシピをご紹介します。

正月太り解消のヒント ―そもそもなぜ太ったか?原因を探ってみる!

「薬膳」は根本原因から治すことが大切

「薬膳」とは、今の自分の体質や季節の特性を考慮して選んだ食材や生薬を使って作った料理のことです。 だからこそ、今の自分の状態を知ることが一番大切です。 そして、ちょっと太ったかなぁ、、、胃腸の調子が悪いなぁ、、、と感じるのも「年末年始にたくさん食べたから」とちゃんと原因があるように、なぜそうなってしまったかという根本原因を探ることも大切です。 今回のテーマでもあるお正月太り。この場合、たくさん食べたからと原因がちゃんとわかっています。まずはそこから改善することがポイントです。


食べすぎが原因なら ―まずは胃腸を休める!

「薬膳」は痩せるではなく整えていく

食べすぎが原因で太ったかなと感じる方、まずは消化を整えることがポイントです。自分では胃腸の不調を感じなくても、食べすぎてずっと働きっぱなしの胃腸は必ず疲れてしまい消化能力が落ちてしまいます。 そして、消化能力が衰えたまま変わらず食事を続けてしまうと、食べたものがうまく吸収されなくなります。どんなに良い食材をとって良い食べ方をしても、うまく吸収されなければ、体の中まで良いものが届きません。 そして消化が衰えてしまうとなぜか甘い物を欲するようになり、また甘い物を取りすぎると消化が衰えてしまうというように悪循環を繰り返してしまいます。 だからこそ、まずは食べ過ぎてしまった体(たくさん働いてくれた胃腸)を休めること、そして整えることが大切です。 胃腸が整ってうまく消化ができるようになると、自然と自分のベストな体へと近づいてくれます。


今日のかんたん薬膳 〜疲れた胃腸を整える お粥&お粥のお供〜

◆胃腸を整えて体を温めてくれるお粥◆ [レシピ] 4人分 白米 1合 ひえ 小さじ1 あわ 小さじ1 太白ごま油 2〜3滴 塩 小さじ1(味をみて調整) 1. 米はといてザルに上げておく。ひえ、あわも洗ってザルに上げておく 2. 鍋に水800〜900mlを入れ、沸騰したら1を入れ、再び沸騰したら太白ごま油を入れ、時々混ぜながら20〜30分程度柔らかくなるまで煮る。 3. 最後に塩で味を整えて出来上がり


◆胃腸の働きを助ける!白菜とおかかのそぼろ風炒め◆ [レシピ] 4人分 白菜 3〜4枚 鰹節 一握り 生姜 一片 醤油 大さじ1 ごま油 大さじ2/3 白炒りごま お好みで ① 白菜をみじん切り、生姜は千切りにする ② フライパンにごま油を入れ、生姜を入れて香りが出たら白菜を入れたら水分が無くなるよう炒める。その後、かつおぶしを加えてさらに炒める ③ 醤油で味を整えて、最後にお好みでごまをかけたら出来上がり 年末年始の食べ過ぎでお正月太りや胃腸を整えたい時、まずは消化を整えてしっかりと良いものを吸収できる体を作りましょう!!


文・構成/建部春奈