小豆×かぼちゃでアンチエイジング ~女子力を高めるかんたん薬膳生活~

女の子のための薬膳連載vol.7。病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調を簡単薬膳生活で整えてみましょう。

小豆とかぼちゃで女子力アップ!

なぜ、かぼちゃと小豆の組み合わせが女子力を高めてくれるのでしょうか?

まず小豆は体の余分な水分や老廃物を出し、吹き出物やむくみの改善にとても効果的。 そして、歳をとるとともに衰えてしまう腎臓の機能を高めてくれるので、いつまでも若々しさを保つことができるのです。 また腎臓は肌や髪と密接な関わりがあるため、腎臓を整えることで美肌や美髪につながります。


そしてかぼちゃには同じように腎臓の機能を高める効果とともに、消化吸収を整える作用があるので、一緒に摂ることでしっかりと小豆のパワーを吸収してくれます。 昔からこの組み合わせは風邪予防にも効果的で、冬至にはかぼちゃを食べる風習があります。女子力を整えるにも元気な体を保つことが大切。今の時期はより意識して取りたい食材ですね。


今日のかんたん薬膳   〜お正月のお餅を使って・・ 自然な甘さが美味しいかぼちゃと小豆のぜんざい〜

[作り方] 4人分 材料 ・かぼちゃ400g ・甘酒 200g ・豆乳 150cc ・塩 ふたつまみ程度 ・ゆであずき 50g ・炒りクルミ 適量 ・餅 4個 ① かぼちゃは種とワタを取り、皮を所々削り、一口大に切る ② お餅は焼いておく ③ 小豆は柔らかくなるまで茹で、塩少々を加える ④ かぼちゃは蒸すもしくは煮て柔らかくする。 ⑤ 鍋にかぼちゃ、甘酒、豆乳、塩を入れ中火にかけ、ふつふつしてきたら弱火にし焦げ付かなにように火を通す。 ⑥ 火が通ったら、一旦火を止めてフードプロセッサーやバーミックスで滑らかにする ⑦ 焼いた餅を器に入れて、⑥を入れ、ゆであずきとクルミをトッピングして出来上がり *時間がない場合は、市販のゆであずきで代用しても大丈夫です。 *軽く食べたい方は、お餅を白玉団子で代用しても可。   この季節にぴったりの小豆とかぼちゃを食べて、体の内側から女子力アップを目指しましょう!!



写真・文/建部春奈