食事と運動でキレイになる!:4月のヘルシー薬膳ごはん編 〜春の巡りサラダ〜

女の子のための薬膳連載vol.19。 4月からは食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案。
病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか?
そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

まずは気の流れを整えて・・

4月1回目の今日は、薬膳のお話 春は肝臓が疲れやすい季節。冬の間に溜め込んだ老廃物を盛んに排出してくれます。しっかりと機能する分、不調が出やすくなってしまうのです。そして肝臓が疲れてしまうことで気の巡りも悪くなってしまいます。

気とは・・私たちの体を動かしたり温めたりするエネルギーのこと よってこの時期に気の巡りが悪くなると、肩こり、背中や胸、お腹の張り、生理痛や生理不順が起こることがあります。また精神面ではイライラやうつうつ、怒りっぽくなったりと様々な症状が出てきます。 この時期、このような症状が感じられる方は気の巡りが悪くなっているかもしれません。 まさに今、私も首や肩のコリを感じ、何となく頭がぼーっとしています。気候も良くなり新年度も迎え、気持ち良くスタートを切りたいところなんですが、もう一つやる気が出なかったり・・・ そんな日々の中、なるべく巡りを良くする食材を意識してとったり、あとはヨガなどの軽い運動で体を整えるよう心がけています。意識して実行すると、ちゃんと体が応えてくれて症状も和らぎます。不調の原因を知ることでひどくなる前に抑えることができるようになったんですね。 なんとなく上記の不調を感じる方、原因は巡りの悪さかもしれません。まずは気の巡りを良くするものをぜひ取り入れてみてください。


気の巡りをよくする食材

春菊、セロリ、玉ねぎ、クレソン、ピーマン、柑橘系・・etc  そして辛いものや脂っこいものは摂りすぎないよう注意しましょう。

今日のかんたん薬膳 〜春の巡りサラダ〜

<材料4人分> *セロリ 1本 *玉ねぎ 小1個 *柑橘類 2個(今回は熊本産の甘夏と不知火を使用) *柑橘果汁(絞り汁) 大さじ4 *オリーブオイル 大さじ2 *醤油 小さじ2 *塩 小さじ1 *黒コショウ 少々   <作り方> 1. セロリは筋を取り、細切りにする 玉ねぎは薄切りにし、さっと熱湯で茹でて水気を絞る 2. 柑橘類はそれぞれ絞り汁用に1/4をとっておく。その他は皮をむいて食べやすい大きさに切る 3. とっておいた柑橘類を絞る 4. ボウルに調味料を入れて1を和える 5. 食べる前に4と2を混ぜ合わせて出来上がり


写真・文・構成/建部春奈