<4月のヨガ> 食事と運動できれいになる! 〜上半身のコリをほぐすヨガポーズ〜

女の子のための薬膳連載vol.20。
4月からは食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案。病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。
忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか? そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

ヨガでエネルギーや血の流れを改善

4月のテーマは、「巡りを良くする」。 春は肩や首、背中など上半身のコリが出やすい季節。食事と一緒に、運動も取り入れてエネルギーや血の巡りを整えましょう。


今日のかんたんヨガのポーズ  〜上半身の巡りを良くする〜

まずは姿勢と呼吸を整えて

ヨガのポーズの前にあぐらの姿勢を作り、呼吸をします。 <ヨガの姿勢> 上から頭を引っ張られるようなイメージで背筋を伸ばし、あごは軽く引いて、肩の力を抜き、手は膝の上に軽く添えましょう。手のひらは、上向き、下向き、お好きなほうで構いません。


姿勢が整ったら、まぶたを閉じ、ご自身の呼吸にだけ意識を向けて自然な呼吸を行いましょう。1〜2分程度行います。 *ヨガの呼吸はすべて鼻から吸って、鼻から吐く呼吸です。


猫のポーズ 〜背中のコリと緊張をとるポーズ〜

その他の効果・・自律神経を整える

1:まずは四つんばいになります。 <基本姿勢> 肩の下に手首がくるようにセット。手のひらはしっかりとパーに開き、中指は正面に向ける。 足は腰幅程度に開き、骨盤の下に膝がくるようにセット。足の甲は寝かせる。 背中はテーブルのように平らにする。 ここで一度鼻から息を吸って、


2:吐く息で背中を丸め、目線はおへそを見ます。 お腹も一緒に引き上げましょう。


3:もう一度四つんばいに戻り、次は息を吸いながら上体を反らします。 ★Point :腰を反らすのではなく、胸を開き突き出すように。耳と肩は離す。 この2つの動きを呼吸に合わせて繰り返し、10〜20回程度行います。


猫のねじりのポーズ 〜肩こり改善のポーズ〜

その他の効果・・デトックス効果

1:猫のポーズから一度四つんばいの姿勢に戻る。


2:まずは右に手のひらを天井に向け、


左手の後ろを通り


耳と肩をマットにつける。 この時、上半身の力はすべて抜いて脱力する。


3:吸って、左手を天井の方に伸ばしてキープ。 そこで呼吸を繰り返す。 ★Point :上半身の力を抜く、胸を開く さらに余裕がある方は・・


あげている手を反対側の足の付け根へ持ってくる。 *より胸が開きます! 30秒ほどキープし、そのとき必ず呼吸は止めずに繰り返す。


4:一度四つんばいに戻り、反対側も同じように行う。


まずは1日5分から!

ヨガを始めると、普段の生活の中での意識が変わってきます。

例えば、デスクワーク中の姿勢を整えたり、電車の中で立っている時も自然とお腹を引き上げたり・・・ そうすることで背筋がまっすぐであること、お腹を引き上げて立つことが自分の中で当たり前になり、体もその当たり前を受け入れてきれいになっていきます。 まずは気軽に1日5分から、ぜひヨガタイムを作ってみてください。


「巡りを良くする」薬膳連載はこちら→4月のヘルシー薬膳ごはん 〜春の巡りサラダ〜

モデル/平澤由理
写真/河邊有実莉
文・構成/建部春奈