100均の材料でできる!簡単かわいいがま口ミニ財布のつくりかた

サコッシュやウエストポーチが流行っているいま、持ち歩ける荷物が限られてしまう… 小さいサイズのがま口なら、ミニ財布として使えてバッグの中がかさばらない!誰でも簡単にできるがま口の作り方を丁寧に教えます!

がま口財布は、自分で簡単につくれる!

ぽってりとしたシルエットがかわいいがま口。 最近では100均にもがま口財布の手作りキットが登場するほど人気があるんです!


☆用意するもの☆

・がま口キット (今回は10cm、四角口金を使用) ・布 たて約28cm×よこ約19cm (表布、裏布の合計2枚分) ・白い紙 (型紙が写せる大きさ。今回はA5サイズくらい) ・布切りばさみ ・目打ちなど先がとがったもの (今回は目打ちがなかったのでリッパーを使用) ・針 ・糸 (手縫いの場合は手縫い糸、ミシンの場合はミシン糸) ・ペンチ ・手芸用ボンド 100均ですべて揃うので挑戦しやすい!


100均や手芸やさんにおいてあるキットには、口金、ひも、作り方の説明書(型紙)が入っています。


☆STEP1☆型紙を作る

付属の型紙の上に紙を引いて、上からこんな感じでうつします。 切り込みの位置など細かい部分まで書いておくと後がラク!


☆STEP2☆裁断する

①布の端をピッタリ合わせます。


②型紙を「わ」の部分にピタッと合わせます。


※「わ」とは、生地を二つ折りにする部分のこと!


③まち針で4ヶ所くらい固定します。 (不安な人はもう3.4本)


④布を切っていきます。 縫い代はついているので、型紙のサイズどおりに切ります。


⑤これを表と裏、合わせて2枚つくります。


☆STEP3☆縫う

①サイドを縫う 布の両サイドを端から5mmくらいの所をなみ縫いします。


②マチをとじる 次はマチの部分を縫っていきます。


つぶすとこんな感じ。 こちらも端から5mmくらいの所を縫います。


こんな感じでマチを二枚とも縫い合わせます。


③2枚を重ねます。 裏布はそのまま、表布は表にひっくりかえします。 ※表布=完成した時に表側に出る布のこと  裏布=裏地になる布のこと


表布を裏布の中に入れて整えます。


うまく整ったら返し口を残して縫います。


④返し口から両方の布をひっぱり出して裏返します。


グイっと!


ひっくり返したらこんな感じ。 びよーんと伸ばし、ある程度整えます。


裏布を表布に押し込んで整えます。


こんな感じ。 返し口の穴が開いています。


⑤返し口の縫い代を折りこんで、なみ縫いでふさぎます。 できるだけ上の端を縫います。


☆STEP4☆口金をつける

まず、金口のみぞにボンドを付けます。


ほんの少し乾かしてから目打ちなどで布とキットに入っているひもを一緒にを押し込みます。 ボンドが半乾きの状態だと布を押し込んだときにとまりやすい!


こんな感じ!


ペンチで金具と布の隙間全体をつぶします。 金口に傷がつかないように厚手の布をペンチにはさみます。


完成!

こんな感じになりました! シルバーの金口とギンガムチェックの布が相性ピッタリ◎ 作り方が詳しくのっている説明書やサイトはあまりないので、ぜひ参考にしてみてください!



写真・文・構成/大西美音