「“よく噛む”だけで顔が小さくなる!?」歯科医師が教える小顔をつくるプチ習慣

小顔に見せるには、顔の下半分が命! 顔の3分の1を占めている口元のケアをどれだけやっているかで、顔の印象がまったく違うと知っていましたか?
毎日の“食べ方”を意識して、キレイな小顔になっちゃいましょう!

小顔は"よく噛む"だけで叶います!

みなさんは、小顔になるためにどんなことをしていますか? マッサージなどお金をかけなくても、毎日の“ある習慣”を意識するだけで簡単に手に入るんです。 それは、「食事を良く噛み、すぐに飲み込んでしまわないこと」!


白い歯でおなじみのミュゼホワイトニングは、国が実施する「8020運動」という "80歳になっても健康な歯を20本残す" 運動をもっと広めていきたい、という思いでセミナーを開催。 歯に関することや、小顔の秘訣など口元にまつわるさまざまなことを教えてもらいました! 美容と口元はすごく深い関係があり、世界基準の美を追求するミスユニバースも、歯や口元の健康にとっても気を使っているそうなんです。 どうして良く噛むことが顔の大きさに関係しているのか…? 歯科医師の観点から見ていきましょう。


右からミュゼホワイトング 歯科医師 末光妙子先生
ミス・ユニバース・ジャパン 2017 阿部桃子さん
ミス・ユニバース評議員、市川駅前矯正歯科院長 柏英希先生

歯科医師直伝! よく噛むだけで小顔になれるQ&A

口元と小顔に関するギモンに、ミュゼホワイトニングの末光先生が答えてくれました。

Q.何をしたら小顔に? A.良く噛み、口を動かすことです! Q.なるほど。何で良く噛むと小顔になるの? A.良く噛むことで表情筋や口輪筋が鍛えられるからです。 ほかにも血行が良くなり顔が明るく見えたり、ほうれい線予防にもなるんです! Q.そうなんですね!じゃあどのくらい噛んだらいいの? A.食べ物によります。ですが、いつもの食事に噛み応えのあるものを加えると良いです◎ 例えば、サラダ+砕いたナッツ、豆腐+じゃこ などがオススメ。 Q.良く噛まないとどんな悪いことが起こるの? A.表情筋や口輪筋が衰えて、シワやたるみの原因になります! ほかにも将来ボケやすくなったり、顔がくすみやすくなるのでいいことはありません。 口元は、目元と違いメイクでは簡単に隠せません。 良く噛むことは、健康になるだけでなく美容にも効果があります! 小顔に見えて、若々しい印象になるのでぜひ毎日意識してみてください ♪