どこよりも詳しい、簡単かわいい刺繍のやり方【シースルー靴下編】

ハンドメイドが好きな人ならマスターしたい「刺繍」。小物に自分の好きな模様をステッチできたら、手作りの幅がぐっと広がります!
今回ははじめてでも簡単にできる、靴下に刺繍する方法をレクチャーします。

刺繍って難しい??

難しそうに見える刺繍ですが、実はやり方さえ覚えれば簡単。 見た目がかわいいだけでなく、一度はじめると時を忘れて夢中になってしまうのも魅力です。 今回は、シースルー靴下に刺繍をしてみました ♪


☆用意するもの☆

・靴下 お好きな靴下(今回はシースルー) ・刺繍糸 お好みの色で! ・刺繍針 針穴が大きい針であればいいです! ・小さめの刺繍枠 枠の代わりに小さい箱を代用できます◎


①お花、葉っぱ ▶レゼーデージーステッチ

①裏から針を刺します。


②そのすぐ左隣に針を刺し、そのまま上のほうに針を出します。


③布から出ているほうの糸を、針と布の間に引っかけます。


④そのまま針を引っ張って糸を抜いたら、布から出ている糸のすぐ上に針を刺します。


⑤糸を抜いたら、これでひとつ花びらが完成。 すぐ横から針を出し、他の花びらも同じように刺していきます。


⑥一周したら、こんな感じ。 真ん中には穴をあけておきましょう◎ あとは、裏返して玉結びをしたら花びらの完成!


☆青丸の部分は、全て同じ「レゼーデージーステッチ」でつくることができます。


②お花の中心、小花 ▶フレンチノットステッチ

①裏から針を出します。


②布から出ている方の糸を針に1~3周ほど巻きつける。(この写真は3回) ※巻きつける回数は、いろいろ変えてみるとたのしい!


③針に糸を巻きつけたまま、最初に針を出した位置のすぐ横に刺して糸を引きます。


こんな感じ。


④刺したい分にだけ刺したら、裏返して玉結びをしてカット。


☆青丸の部分は、同じ「フレンチノットステッチ」でつくることができます。


③茎 ▶アウトラインステッチ

①箱を横に向けます。


①花のモチーフのすぐ下から針を出します。


②青丸の部分に針を刺したまま、赤丸の部分から針を出し、糸を抜きます。


③ ②を繰り返して茎のラインを作っていきます。


好きな長さになったら、裏返して玉結びします。 少しラインを曲げて刺すことで、茎っぽい雰囲気が出せます!


枝や葉っぱを追加すると、よりかわいくなる◎ ☆全ての枝部分は、同じ「アウトラインステッチ」でつくることができます。


☆完成☆

3種類の刺し方を覚えるだけで、とってもかわいいモチーフができちゃいます! 靴下は伸び縮みする分少し刺しづらいですが、よく伸びるからこそちょっとした失敗ならごまかせちゃいます。 ちょっと変な形になっても、それがかわいく見えたりもしますよ! お手持ちの靴下に刺繍してみては、、、?


写真・文/大西美音