どこよりも詳しい、簡単かわいい刺繍のやり方【カラー靴下編】

ハンドメイドが好きな人ならマスターしておきたい「刺繍」。小物に自分の好きな模様をステッチできたら、手作りの幅がぐっと広がります!
今回も、はじめてでも簡単にできる、靴下に刺繍する方法をレクチャーします。

刺繍って難しい??

難しそうに見える刺繍ですが、実はやり方さえ覚えれば簡単。 見た目がかわいいだけでなく、一度はじめると時を忘れて夢中になってしまうのも魅力です。 今回は、トレンドのイエロー靴下にワンポイント刺繍をしてみました ♪


☆用意するもの☆

・靴下 お好きな靴下(今回はイエロー) ・刺繍糸 お好みの色で!(糸は全て3本取りで使用します) ・刺繍針 針穴が大きい針であればいいです! ・小さめの刺繍枠 枠の代わりに小さい箱を代用できます◎ ・チャコペン(実は摩擦熱で消えるタイプのペンの方が描きやすくて、アイロンすると消えるから便利)


1 下書き

①モチーフを刺したい、だいたいの位置を決めます。


②マチ針をしたまま刺繍枠にはめ、まず青の3点を決め、その後に点を結ぶようにチャコペンで線を引いていきます。 下の線は少し丸く!


2 皮の部分 ▶バックステッチ

①端から2、3mm内側のところから針を出します。


②端に針を刺し、そのまま糸が出ているところから2,3mm離れているところに針を刺します。


③ ②を反対側の端まで繰り返します。 ※短い線をつなげて、長い線にしていくようなイメージ。


④端まできたら、写真のように刺して終わります。


⑤これを2本並べて刺します。


⑥その上に、白の糸を緑と同じように刺します。


3 実の部分 ▶サテンステッチ

①スイカのてっぺんをめがけて刺します。 ※面積の広いところからはじめると刺しやすい◎


②その真下をめがけて刺します。


こんな感じ。


③青い矢印の方向に刺しながら、赤い矢印の方向に進むのを繰り返します。


④半分終わりました! もう半分も同じように繰り返していきます。


こんな感じ。


4 種の部分 ▶ストレートステッチ

①種を付けたい位置の少し上に針を出します。


② 3mmくらいの間を開けて刺します。 ※実の部分(サテンステッチ)があるので、縦の刺繍糸に注意しながら刺さないと、種が実に埋もれてしまって見えなくなります。


③こんな感じ。


④続けて刺したい分の種を刺します。


☆完成☆

3種類(実質2種類)の刺し方を覚えるだけで、とってもかわいいモチーフができちゃいます! 靴下は伸び縮みする分少し刺しづらいですが、よく伸びるからこそちょっとした失敗ならごまかせちゃいます。 左右でちょっと違うデザインにしてもかわいい♡ お手持ちの靴下に刺繍してみては、、、?


写真・文/大西美音