<6月のヨガ①>食事と運動できれいになる! 〜美肌を作る デトックスヨガのポーズ〜

女の子のための薬膳連載vol.28。4月からは食事と運動、両方の視点からの不調改善をご提案。病院に行くほどではないけれど、日々感じる身体の不調。
忙しいから・・ずっとこうだから・・と何となく見過ごしていませんか? 
そんな日々感じる不調を薬膳とヨガで整えましょう。

デトックスで美肌を作る

6月のテーマは「美肌をつくる」

美肌作りは体の中からキレイにすること。 体に溜まった老廃物はむくみや食欲不振、肥満、そして肌荒れの原因にもなります。食事と共にヨガのポーズを取り入れて、体の老廃物を出しキレイな素肌を目指しましょう!


今日のかんたんヨガのポーズ 〜美肌をつくる デトックスヨガのポーズ〜

ヨガのポーズを行う前にあぐらの姿勢を作り呼吸を行います。


上から頭を引っ張られるようなイメージで背筋を伸ばし、あごは軽く引いて、肩の力を抜き、手は膝の上に軽く添えましょう。手のひらは、上向き、下向きお好きな方で構いません。 姿勢が整ったら、瞼を閉じ、ご自身の呼吸にだけ意識を向けて自然な呼吸を行いましょう。1〜2分程度行います。 *ヨガの呼吸は全て鼻から吸って、鼻から吐く呼吸になります。


ねじりのポーズ〜内臓機能を高めてデトックス①〜

その他の効果・・ウエストの引き締め、便秘改善、腹痛の緩和

足を前に伸ばし、長座の姿勢を作ります。 背中は丸まらないよう、まっすぐに・・


左の足を右足にクロスする 手は体の横


右手を左足にかけて、一度息を吸う


息を吐きながら、上体を左にねじります。


お腹を動かす複式呼吸をしながら、そこで30秒程キープします。 余裕があれば、吐く息ごとに少しずつねじりを深めてください。 足を入れ替えて、反対側も同じように行う。 ●Point・・必ず背筋を伸ばして、背中をまっすぐにした状態で行う     体をねじった状態で腹式呼吸を行う


膝立ちねじりのポーズ 〜内臓機能を高めてデトックス②〜

その他の効果・・足、二の腕を引き締める

まずは四つん這いになります 軽く顎を引き、首の後ろを伸ばすようなイメージで頭頂部を床につける


左の足を手と手の間に入れる 膝の下に足首がくるようセットする 右足の甲は寝かせる


息を吸いながら、上体を起こす


もう一度息を吸いながら両手を天井の方に引き上げ、頭の上で合掌する


吐きながら、合掌を胸の前へと下ろす


右ひじを左ひざにかけて、上体を左側にねじる 呼吸を繰り返しながら、30秒ほどキープする もう少し余裕があれば・・


膝をマットから引き上げてみましょう。 一緒に下半身を強化し、足を引き締めてくれます。 30秒キープできたら、両手を足の両サイドにつけ、右足の膝をマットにつける足を入れ替えて反対側も同じように繰り返す ●Point・・ポーズをキープしている時に背中が猫背にならないよう、      しっかりと胸を開く


ヨガは体の中に意識を向けて

ヨガのポーズをとる際は、体の中を意識することが大切です。 ヨガは表面的な筋肉よりもインナーマッスルや体幹を作ってくれます。そして、ポーズを取っている時は必ず効いている箇所を意識しながら行ってみてください。お腹を引き締めるポーズの時は、しっかりとお腹を意識する。足を引き締めるポーズの時は引き締めたいところを意識して行う。 そうすることで、より効果的なポーズをとることができます!


陽のエネルギーが高まるこの季節は汗をかくこともとても大切!! しっかりと中から発散できるポーズも取り入れ、夏に向けて女性らしいしなやかな心と体目指しましょう!!



文・構成/建部春奈
モデル/平澤由理
撮影/河邊有実莉